new

不動産投資の人たち

【最新物件】住んで良し!貸して良し!

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

直近の注目セミナー

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2016年5月24日火曜日

AIIBもTPPもすべては上海協力機構(SCO)を見据えての話である!



米国は完全に中国を見据えた行動に出ています。
ベトナムを訪問中のオバマ米大統領。

オバマ氏は武器輸出の全面解禁について「中国を念頭に置いたわけではない」と述べつつも「米国とベトナムは海洋安保で懸念を共有している」と強調。露骨な中国牽制にカジを切りました。米国としては、長年、中国を支援し、将来は民主国家へ向かうだろうと楽観的に捉えていたわけですが、中国に完全に裏切られ、逆に中国は米国が構築した世界秩序を崩壊させる意図があることにまで気づいてしまったわけです。WTOに加盟しつつも、ルールを守らないことでWTOが持つ基本的ルールは崩壊状態。さらに国連の無力化に加え、核拡散防止条約に加盟しながらも独裁国家への技術提供。


やりたい放題です。








このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月23日月曜日

【Amazonタイムセール】団塊の世代以上の高嶺の花であるジョニーウォーカー12年もののブラックラベル



珍しくAmazonタイムセールにて、ジョニーウォーカー12年もののブラックラベルが出品されています。
お酒のオイシイ季節なだけに、ソーダーで割ってもよいかもしません。


本場イギリスではウイスキーの最高傑作と絶賛され、日本でもジョニ黒の愛称で親しまれています。

日本に輸入された当初(1957年)は、現在の価値で40万円ほどの値段で、庶民には手の届かない最高級品でした。そのため、団塊の世代以上になると、ジョニ黒は高嶺の花、最高級品というイメージを植え付けられていました。今では2000円ちょっとで味わえるわけですが、さらにタイムセールで安くなっているとなれば、買いだめしておかない手はありません。







このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月19日木曜日

世代間格差は10倍以上!総務省 家計調査報告「貯蓄・負債編」



総務省は5月17日、家計調査報告「貯蓄・負債編」の平成27年平均結果速報を公表。


その結果、2人以上の世帯の貯蓄額(平均値)は前年比0.4%増の1,805万円だとか・・。ため息がでる方も少なくないとは思いますが、この数値はあくまでも平均値。もちろん、タンス預金なんてものもカウントされていません。20代〜40代で2000万円近くも貯金がある方が周囲にいらっしゃるかと言われれば、???でしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月18日水曜日

野党は、またしてもお株を奪われた!安倍政権、株主を敵に回してでも携帯大手へ料金値下げ要請!



総務省、携帯大手の好決算を受け、各社に料金値下げ要請へ!|iPhone Mania

野党の皆さんが本来はやるべき仕事ではなかったのでしょうか。


また、「金持ち優遇」というレッテル貼りをしている時代遅れな左よりなライターたちも情報を更新する必要がありそうです。第2次安倍政権となり、徹底して取り組んでいるのは、給料アップを経団連とガチ交渉。これにより、アルバイト・正社員ともに大幅に給料が上がりました。本来は、これもリベラルや低所得層に支えられている野党の皆様のオシゴトであったはず。。


約束の日 安倍晋三試論
約束の日 安倍晋三試論
posted with amazlet at 16.05.18
小川 榮太郎
幻冬舎
売り上げランキング: 160,250


このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月17日火曜日

【G7財務相・中央銀行総裁会議 (仙台)】本音は通貨安競争?各国ともに事情がある・・



ドイツも難民問題で経済どころではないですし、英国やフランスにおいても中国の失速で経済が厳しい状況です。米国においては、再び利上げ観測がでてきているものの、円安誘導の日本に対してよく思っているはずもなく・・・。


世界はなぜ争うのか ―国家・宗教・民族と倫理をめぐって―
福田 康夫 ヘルムート・シュミット Helmut Schmid マルコム・フレーザ― John Malcolm Fraser
朝倉書店
売り上げランキング: 93,978


このエントリーをはてなブックマークに追加

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

今日の一歩が明日の三歩 | 不動産投資で給料以外に安定収益を!

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事