不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2011年10月13日木曜日

年金支給「68歳から」案でも、心は「不動」を貫く!


不動心 (fudoushin)

今の私たちにもっとも必要な言葉であるように思えます。



人気ブログランキングへ


国民の平均貯蓄額は1100万円前後といわれますが、質問を変えて100万円以上の貯蓄がある人たちは人口の30%もいないなんていう驚く話も聞こえてきます。


 そんな中、年金支給が「68歳から」案などが出てきました。
より一層自己防衛への意識が高まる傾向は加速することでしょう。


関連記事はコチラ>>




今回の年金支給「68歳から」案だけが問題ということではなく、ここ数年で社会保険料が大幅に値上がりしていることや、若い世代を中心に政府への信用が大幅に低下している中での今回の話であったことこそが大きな問題であるように思えます。



「また支給額が引き上げられるのでは?」という疑念がさらに強まったことは間違いなさそうです。そもそも支給が「60歳から」いうことを大前提として、皆さん払ってきたわけです。30代、40代の方々からしてみれば、「65歳に引き上げ」ということがまだ納得できない消化できないといった心境の方は多いのではないでしょうか。



まだ支給まで30年、20年先の話であるだけに責任問題となったとしても、責任を問われる人たちはもうこの世にはいないというのがポイントです。


「また支給額が引き上げられるのでは?」という心理がはたらかない方が不自然であるかもしれません。かりに民間の保険会社が理由をつけて支払い納期を延期したならば・・・


!!


そういうことであります。



現在の財政状況では、誰か苦い思いをしないかぎり先送りもそろそろ限界まできています。もう一つのポイントは、その苦い思いをするのは「誰か?」ということであります。


「誰?」


現政権の支持母体を中心とした組織にメスが入るとは考えにくいですし、このような場合どうしても組織力がなく、文句を言わない人たちがいつの時代も対象とされることは間違いなさそうです。



こういった状況では誰もが保身にまわります。
私たちが考えなければならないのは、「だれそれ」を敵視する議論ではありません



解決を優先的に考えるのであれば、個人個人それぞれの立場でできる防衛をしっかりと考えぬくことが賢明であると信じたいものです。



ネガティブ引力は、ポジティブ引力よりも強いですので、気がついたらネガティブな発想に引っ張られていたということはありがちです。私たちは、なるべく冷静客観的に、かつ合理的な行動備え「ひとつ」、そして、また「ひとつ」と準備していきたいものであります。



そうはいいながらも私たちも普通の人間ですので、少しネガティブな発想や不安というのがよぎったりするのですが。。



なるべく前向きというふうに訂正しますね。
「今」できることを一生懸命!



これに尽きると思います。





にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事