不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2011年10月24日月曜日

Docomo 24時間定額スタートは予想外の早さ! なんとテザリングにも対応!NTT docomo勝負にでた?








人気ブログランキングへ



SOFT BANK、AUからiPhoneが発売情報が流れると、どのメディアも一斉にiPhone4S一色。雑誌でもスティーブン・ジョブス/iPhone4S 関連ばかりが表紙を飾っています。


そんな中、先週ひっそりとNTTドコモより大きな発表が。
なんとキャリア同士の24時間定額をスタートしたのです。

関連記事はコチラ>>


実質、音声通話では、もう料金は取れないと踏んだのでしょう。
しかし、NTTドコモが抱えるユーザーは5000万以上と言われていますので、これほど早くに手を打ってくるというのは意外でありました。(これまでは、ギリギリまで料金改正を遅らせる傾向がありました)



定額で有名であるのが、SOFT BANKですが、9時〜12時というビジネスマンにとってのゴールデンタイムは無料ではないという痛い点がありました。ドコモのユーザーの多さを考えると24時間定額のメリットは想像以上に大きいものと思われます。ドコモユーザーが圧倒的に多いわけですから。



iPhone への流出をどこまで食い止められるのかが、今後のパワーバンスを左右する鍵であると踏んだのでしょう。ドコモは、山田社長就任以降、非常にアクティブな動きで展開してきています。



これまでの王者であるから、マーケットをしっかり見て動くという守りの姿勢を一転しているように映ります。大幅なスマートフォン比率の拡大や、これまでタブーとされてきたテザリングへの対応など。



今回の定額スタートの発表と同時にテザリングにおいても、これまでの10,395円/月から8190円/月へと大幅に値下げしてきました。山田社長のdocomo改革がそうさせたのか?それとも、SOFT BANKの孫正義社長の存在がそれほどまでに大きかったことが原因であるのかは分かりません。



ただ、これまでサービスは後手後手だったNTT ドコモの闘争心に火をつけたことだけは間違いなさそうです。好き嫌いに関わらず、孫正義社長のインパクトは日本経済に大きな影響を与えたことだけは間違いなさそうです。


ちなみにU-styleメンバーのDocomo/SOFT BANKユーザー比率はちょうど半々の比率であります。日本国内の民間企業ならびに官などでも、アクティブな人材がどんどんと登場することに期待したいと思います。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事