不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2011年10月31日月曜日

TPP問題の盛り上がりの中、 日銀の為替介入か?





本日(10/31)10時前、大きく円安となる動きが発生です。

数時間が経過し、今だ円高へ向く動きがないため日銀の介入であるのか、約定があったのかは今のところ不明です。企業への投資にせよ、国内の不動産への投資にせよ一方的な円安は好材料といい難いところでありました。


関連記事はコチラ>>



また先週は、特ダネ(フジテレビ)にTPPについて非常に分かりやすい説明をされています中野剛志氏が登場したこともあり、一気にテレビ、ネットでこの問題が熱く議論されたところであります。特にTPP問題に関しては、議論を突き詰めていくと『雇用』『医療』を含む他項目によるルール改訂であることが浮き彫りとなりました。


特に推進派の方々が主張する輸出拡大の効果は、ほとんど期待できないことが明白となり、原因が米国主導のドル安政策がセットされている以上、輸出が2000億ほど増えたところが、まったく日本にとってメリットがないことも、この件に関心がない方でも、よく理解できたのではないでしょうか。


U-styleでもいち早く、この問題の整理を記事(10/17)をアップさせて頂いたのですが、2週間経過した今も人気記事ランキングの上位を確保しており、皆様の関心の高さをあらためて実感しております。


ネットでも激しい議論が展開されていますが、参加するにせよ、参加しないにせよ、その契約の内容が十分に議論されることは国民にとって決してマイナスではありません。むしろ、分からないまま参加したが、莫大なツケを払わされるようでは、それこそ納得できないはずです。


また、若い方や、投資に関心をもって頂いている方、お子様をお持ちのお母様などで、まだまだ将来が長い方には、このTPP問題に関心がなかったでは済まされない問題であります。


そういった方々にも、知って頂くよい機会となりますこと期待しております。
このTPP問題に限らず、米国が作った莫大な債務を『誰に支払わせるか』ということから焦点が外れることはなさそうです。

世界不況は、日本の外で起こっていることですが、日本人に関係がないことではないということを考えさせられる週末であったような気がします。

まだまだ為替を含め、目が離せないことが続きそうな予感です。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事