不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2011年11月29日火曜日

いよいよ日本国債の格下げ?長期国債1%に上昇!CDSを他国と比較することに意味はない!?





人気ブログランキングへ


こちらのブログでも何度か国債について触れてきたわけでありますが、3週間ぶりに日本国債の金利が1%を大きく超えたようであります。



問題はその背景です。


関連記事はコチラ>>


ユーロ圏で非常に信用の高いドイツの国債が入札不調和に終わったことは記憶に新しいところであります。それに続き、来年のイタリアの国債償還金額が3067億ユーロ(31.9兆円)と、多額になるかことが、欧州危機の不安を加速しています。



とにかく今は現金であると言わんばかりに償還が加速することが予想されます。
イタリア国債2年ものにおいては、利回りが8%という異常事態も。



昨晩のタックルTVでは、タイムリーにも日本の借金のお話。
出演者の中には、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)の話を持ち出して、他国と比較すればまったく問題なしと発言する出演者(専門家)もいたわけでありますが、果たして本当にそうか?ということであります。



広い層に、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)が購入されているのならば、出演者の主張も一理あるわけでありますが、実際には一部の機関が利益を上げるために大量購入してるという背景がありますので、現在の値が他と比較して低いということと「日本国債が安心である」ということとはイコールにはなりません。



テレビ報道をそのまま受け取るかどうかは個人の判断によりますが、資金力のある方は、やはり警戒が必要かもしれません。日本国債の大部分は日本人がもっているということにはなっていますが、これも本当であるかどうか疑うべきであります。



万が一、その情報が正しくないとなると、日本は連鎖というものから逃れることはできないでしょう。 警戒をしても、し過ぎることはないものと考えます。







にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事