不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2011年11月7日月曜日

40代を後悔しない50のリスト 読了! [書評] ☆☆








リクルート出身の大塚氏のホンネがたくさん。


警視庁の発表によると、40代の次に自殺が多いというのが50代だそうです。
この書籍と出会うまで、40代、50代の自殺の要因について、それほど深く考えることもなかったわけですが。。



経済的な理由というのは、どの世代でもありうることでありますが、この一冊が指摘しているポイントは、人生観の大転換期である点です。成功と信じたことが、根本から揺るいだ時こそ、「空虚感」に包まれる想いとなるのかもしれません。


関連記事はコチラ>>



50代の自殺の根本となる本質的問題を鋭く指摘しています。決して、自殺についての専門書であるわけではないですし、自殺について指摘しているわけでもありませんが。「自ら命を絶つ」という行為そのものは、明日に希望が持てないということが根本にあることは間違いありません。餓死以外は、自殺はいつ実行しようと勝手であります。「今日」に拘る理由こそ、明日の自分の生存に「ノー!」を示す行為であります。



氏はリクルート出身ということであり、離婚者が最も多い企業の一つであるからこそ、事前に先輩や周囲の人たちから大切なことを学びを得たと明かしています。要するに仕事での成功も大切であると考える20代、30代と違い、仕事以外での充実もあり、トータルで納得のいく人生にすることこそ40代以降での幸福度に大きく関係してくると指摘しています。



また、仕事においては世代によって役割が180°違うという具体的な事例や指摘をしていますので、若いビジネスマンにとって大きな指標となることでしょう。常日頃私たちが意識しなければならない問題であることをより鮮明に意識させてくれます。



幸せは「なる」ものではなく、「感じることだ」ということを実感できたのも40代であると明かしています。(長渕剛さんの“Captain of the Ship”歌詞の中でも同様のフレーズが強烈な歌声で表現されていますね)人生の折り返しだからこそ、気がつけること。人生の折り返しという岐路に立ち、先が見えなくなる人。



20代、30代こそ先人たちの言葉に早くから関心を持つべきなのかもしれません。
自分の人生における定義というものを再確認したい方にはオススメの一冊です。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事