不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2011年12月2日金曜日

売れる !? 超高層マンション




人気ブログランキングへ

大震災の当日、高層ビルにいらっしゃった方は、その揺れの凄まじさに、トラウマになるケースも少なくないと聞きます。私の知人も湾岸エリアの高層マンションにお住まいなのですが、「常に揺れている感じがする」とのことで、後遺症とも取れる感覚が残ると教えてくれました。


上層階になればなるほど、揺れが凄まじかったのは体験者でない限り、想像し難い恐怖であったと思います。一時はもう高層マンションは売れないなどの記事も目にしました。


現在も高層マンションと聞くだけで「ありえない」という方もいらっしゃいます。
しかし、 最近ではどこの高層マンションも売行きは悪くありません。

関連記事はコチラ>>



むしろ、以前にも増して売れているかもしれません。即完売といった商品もありましたね。
なぜ高層マンションが売れているのか?です。

 
[理由]

・生前贈与が今年で終了(平成23年)
・インフレ懸念
・高い安全性


不動産投資への加熱ぶりを危惧された90年代と違い、今はさまざまな基礎控除が廃止されていますので、都心の高層マンションを購入するというのは、もっともよく知られた相続税対策の一つ。現金と違い、不動産には基本的には厳密な価格がありませんから。


そのため不動産価格は相続税評価額という目安でのみ評価されます。
相続税評価額は毎年発表される公示価格の80%(こちらのブログでもリンクがついてます)とされていますので、この時点で、すでに20%の割引です。さらに、高層マンションの場合、土地の部分が非常に小さくなるため、評価額も当然低くなる傾向にあります。


災害の際の揺れを懸念する声が多いと思いますが、最近では耐震構造の高層マンション意外にも、免震構造の高層マンションも登場しています。


耐震はその名の通り、壊れにくい構造であるのに対し、免震は揺れそのものを建物に伝えない/伝えにくくする構造であります。免震構造はコストが高くつくものの、部屋にある家具や食器といった財産が壊れるリスクを回避してくれます。



今後30年以内に東京にも大型地震が起こる確率が高いと言われていますので、室内の安全性が高いとされるSクラスの超高層マンションで免震構造のものは、ますます注目されそうな予感です。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事