不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年1月8日日曜日

捨てるべき?残すべき?日頃利用しない物は保管コストで判断する



人気ブログランキングへ


物が増えすぎてゴミ屋敷!


そんな特集がテレビでもたくさん放送された2011年でありますが、同時に「断捨離」という言葉も生まれ、すっかり定着してまいりました。日頃利用しないものは積極的に捨てるということでありますが、「物」によっては、簡単に捨てるという判断が難しいのも事実であります。


関連記事はコチラ>>


間取りドクターの中田早耶氏が年間の家賃から1㎡当たりの年間収納コスト算出を提唱しているのが興味深かったので、紹介します。捨てるべきか?残すべきか?を判断際、感覚や記憶に頼りがちですが、明確に数字にして判断するというもの。


仮に24㎡で家賃6万円の賃貸に住んでいる場合、押入れが約1.62㎡だとすると、年間約5万円を押入れ代として支払っていることになるとのこと。

計算式はコチラ

年間の家賃(年額の物件価格)÷専有面積=1㎡あたりの年間収納コスト


例)24㎡で家賃6万円の賃貸に住んでいる場合
年間の家賃は72万円なので
72÷24㎡=1㎡あたり3万円



仮にワンルームで広めの収納スペース2㎡であった場合、年間の収納代で6万円が支払われていることとなります。6万円を支払ってまで置いておく必要があるものか?そうでないか?を判断できることになります。


買い物の際も衝動買いを抑える効果が期待できるかもしれません。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事