不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年1月11日水曜日

こんなに違う住宅ローン破産後の人生!意外と知れられていない日本と米国の違いとは?



人気ブログランキングへ



住宅ローン破産が多いというのは、頻繁に耳にしますよね !?


しかし、その実態を掴むのは難しいわけであります。というのも管轄の行政のHPを調べても出てこないからであります。また住宅ローン破産後の人生についても、メディアで状況は取り上げられるものの、データに基づく詳細を取り上げられることがほとんどなく財務状態がどうなっているのかを知る人は少ないというのが現状であります。



関連記事はコチラ>>


住宅ローン破産といえば、2008年の米国サブプライムローンが記憶に新しいわけでありますが、低所得者に上限いっぱいまでの住宅ローンを組ませたため、金利上昇で支払いできない人が続出した出来事であったわけです。しかし、住宅ローン破産した後の人生では、米国よりも深刻なのが日本であります。


実は米国で住宅ローン破産することと、日本で住宅ローン破産するのでは、その後の人生が大きく違うことはご存知でしょうか。


何が違うか !?


それは、住宅を奪われて借金はチャラとなるノンリコースローンを選択する米国。それに比べ住宅を奪われた上、多くの場合借金を抱え続けなければならないリコースローンを選択する日本。


これが日本で敗者復活が難しいとされる所以であります。90年代に住宅を購入した方の中には、購入した住宅よりも、住宅購入で組んだローンの支払いの方が多いという方が少なくありません。


人生でもっとも高い買い物が「家」であってほしいものだ!というコンサルタントもいるほどです。 また、ここ10年で1世帯あたりの可処分所得が減る一方、住宅ローンに占める割合は16%〜20%上昇しているというデータも気になるところであります。(総務省:家計調査年報)



 住宅購入の理由として、お子様の成長を考えてという方も多いですので、教育費も含め適切なプランを作成したいものであります。取引前のご相談などございましたら、お気軽にどうぞ。





にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事