不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年1月18日水曜日

世界の奇妙な「税」から学ぶ!




人気ブログランキングへ


野田首相が押し進めている消費税増税議論で続いていますが、世界には、ともて奇妙な税金が多く存在していることに驚かされます。そんな奇妙な税金から、これからの税を考えるきっかけとなりましたら幸いです。


関連記事はコチラ>>


 中には、どういう根拠で作ったのか理解に苦しむものもありますが、「税」とは合法による財産の没収の一つであるわけであります。日本でも増税議論はまだまだ続きそうですが、今後どういった「税」が検討されるのでしょうか。

 

[セックス税]
ドイツは2002年に売春が合法化され、これに伴い売春が課税の対象となっています。
















[炭酸飲料税]
米国ノースカロライナ州で実行された税。コーラなどの炭酸飲料に含まれる糖分はコーヒーなどに入れる角砂糖の10倍の糖質であるとされており、これが米国で問題となっている肥満と関わりがあるとするものの反対が多数を占める結果に。













[カエル税]
中世のフランスで領主の睡眠を妨げるカエルの鳴き声を抑えるための税です。領民は水面を叩きカエルの鳴き声を抑えたようです。












 [うさぎ税]
日本では、明治6年にウサギ一匹につき1円(現代で換算すると7000円)の税金がかけられたそうです。1879年に廃止。















[ひげ税]
1700年ごろにロシアの初代皇帝ピュートル1世が制定した税だそうです。












[犬税]
【スイス、ドイツ、オランダ、イタリア等】では犬にも税金が課せられているそうです。ヨーロッパでは珍しくないようですが、日本では大反発となりそうです。ペット税が検討されているという話もありますが。











 [独身税]
ブルガリアでは、独身者の収入の5~10%に課税。人口自体も少なく労働者不足になると問題であるとの判断からのようです。これは日本でも検討される可能性が高いかもしれません。














[塩税]
チェコなどの内陸部では塩が貴重なため税の対象となったとしています。












[窓税]
17世紀ごろに自宅に窓があると課税されるというものがあったそうです。そのため税金を払いたくない人々が家にある窓を埋めていたとか…















[渋滞税]
ロンドンでは、平日午前7時~午後6時半、ピカデリー、 ウェストミンスターなどへの進入時に徴収されるそうです。日本でも首都高速を有料にしているのは、渋滞緩和が目的の一つとされていますので、呼び方の違いだけかもしれません。














[ポルノ税]
イタリアでは、映画、出版物、ネット上の映像、画像などなど、とりあえずポルノと言われるものにつけられる税金だそうです。25%と税率は高めです。









日本でもポルノやパチンコにもっと税をかけるべきとする意見が非常に多いわけですが、消費税を増税する前に課税対象を根本的に見直す必要がありそうです。



珍税・奇税 世界の税金物語 (NEW INTELLECT)



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事