お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2012年1月26日木曜日

教育革命で問われる教育機関の役割 !? リアル過ぎる電子書籍に唖然




人気ブログランキングへ


これまでの電子書籍がまだ不十分な完成度であったことを思い知らされることでしょう。


「新聞を読む機会が随分と減ったわけでありますが・・」とコメントをテレビで頻繁に聞くほど、電子化の生活がすっかり定着しているわけであります。そして、電子書籍といえば、iPad のページがめくれる感じが衝撃的でだったわけであります。





この動画は、韓国科学技術院(KAIST)情報技術融合研究所によるデモであります。将来的には書籍よりも薄く、さらに書籍よりもよりリアルで機能強化へと向かう可能性を感じずにはいられません。






紙での書籍は将来実用よりも所有意欲やインテリアの一環として、その存在をかえていくかもしれません。教育産業においても参入を正式に発表したAppleであります。iPadやiPhoneのみで数多くの書籍を持ち歩き、世界各国の優秀な授業がどこでも誰にでも無料で閲覧できるとなると教育機関の存在はどう変わっていくのか想像すら出来かねてしまいます。



米国など試験で辞書、電卓の持込みがOKとされていますが、これに加えスマートフォンやタブレットの持込みがOKとなった場合、試験を作る教育機関はどのような問題を作り優劣をつけるというのでしょうか。



将来の経済、はたまた資産やお金の話とも無縁ではありません。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択