不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年2月7日火曜日

27歳以下は大人の尻拭き役が決定!見返りのない支払いの果てに・・・




人気ブログランキングへ


現役世代と前の世代の生涯年収格差は数千万円〜1億円以上とも言われる中、現役世代は老後の命綱となる年金でも支払い損が決定的となったようであります。


  国民年金や厚生年金などの公的年金をもらえる金額から支払った金額を差し引いた生涯収支を世代間で比べると、1985年生まれ(27歳)は712万円 の受け取り不足(赤字)になり、1955年生まれ(57歳)以下の世代で支払金額のほうが多くなることが、内閣府経済社会総合研究所の試算でわかりました。 2012年2月6日付の日本経済新聞が報じています。


関連記事はコチラ>>


   1950年生まれ(62歳)は生涯の保険料の支払金額が1436万円、受取金額は1938万円で502万円の受け取り超過(黒字)になる。しかし、55年生まれ(57歳)世代の収支で数千円のプラスに縮小。



そして、27歳(85年生まれ)は712万円の赤字が決定的となるようです。もちろん、試算は現在の経済/財政での状況ですので、デフレが加速するば、さらに赤字はかさむ計算となります。



20年間年金をもらうと仮定した場合に、月3万円ずつ足りない計算になります。支払った金額にもよりますが、年金だけで暮らせる可能性は非常に低くなったことだけは間違いなさそうです。20代、30代が支払いを拒むのも当然かもしれません。



大規模な反対デモも起きないわけですから、年金の強制徴収は一層強化されることが予想されます。年金の強制徴収といえば、震災でようやく賠償金の一部支払いが動き出しましたが、口座に降込まれると同時に、年金の不払いを理由に差し押さえという話が話題となっています。



年金は 全廃して私的運用に任せるべきとする声も聞こえてきますが、現在の年金受給者は割合で最も多くの票をもっているわけですから、選挙で負ける可能性があっても、「全廃」へと動ける政治家がいるのかどうかであります。


人間を奴隷化するの有名なやり方が2つ。

  • 軍事力で実力行使する
  • 相手を着金漬けにする


闇金の法定金利を大幅に上回る貸付けが問題視されますが、闇金利用者は法定金利を大幅に上回る契約書に意思をもってサインを交わした人間たちであります。しかし、現役世代ならびに、これから社会で働く方々は、同意なき借金漬けから人生がスタートすることになります。


これを事件と見るのか?それとも国家運営を支えるのは国民の義務と捉えるのか?
特捜の意見を伺いたいものであります。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事