不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年2月19日日曜日

豪ドルは完全に暴走! 85円越えまでの経緯をおさらい・・



人気ブログランキングへ


12月からの豪ドルの伸びは高騰という表現よりも暴走と表現した方が適切かもしれません。81円のサポートラインを底と見ていた方々にとっては、やっと戻ってきたかといったところだと思います。


特に今週(2/13-2/17)の 豪ドルの高騰は目を見張るものがありました。
(豪ドル/円)

関連記事はコチラ>>



確定売りで大きく下げることもなく、88円へ向けて一直線(現在途中)であるわけですが、通常資源通貨はリスク通貨とも呼ばれていますので、通貨量の多いユーロに連動することが一般的と考えられています。


ところが、今回の高騰はユーロのソレとはかけ離れた高騰となっています。
(ユーロ/円)

世界大不況と言えるべき状況の中、国内経済・金融・輸出ともに非常に安定したオーストラリアの高騰を簡単におさらいしてみました。


大きなポイントは12月の高騰の要因となったロシアのこの発言からはじまります。






モーニングスターによりますと、CBR(ロシア中銀)のウリュカエフ第1副総裁のインタビュー記事におきまして、CBRが2011年に豪ドルへの投資を開始する可能性があるとし、「今年、われわれは豪ドルに投資するための正式な手続きを完了し、商取引を開始するつもりだ」と言及しました。



また先日のダボス会議に出席中のロシアのウリュカエフ・ロシア中銀筆頭副総裁が「2月初めから豪ドル資産の購入を開始する可能性がある」と言及したことが拍車をかけました。



さらに米国の予想を上回る経済指標が相次ぎ、インフレ目標も2%-3%と言及。
米国・オーストラリアとは裏腹に日本の貿易赤字が数年継続することが確定し、GDPの悪化(マイナス成長)、日銀の金融緩和へ。




ユーロ圏におきましては、ギリシャのデフォルト危機がなんとか回避できそうです。


中期的には今後も上昇の可能性が高いわけですが、利益確定売りで一時的に大きく下落する可能性も十分ありますので、82円-81円ぐらいまでの下落を視野に入れたポジション調整が必要かもしれません。


ヒロセ通商【LION FX】

外為ジャパン FX




にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へa

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事