不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年2月7日火曜日

看護士が激白!「死ぬ前に語られる後悔」トップ5



人気ブログランキングへ

気がつけば、目先の事情に左右され、時間が流れてしまっている人も、やがて「死」と向かい合わなければならない日が訪れます。「夢で食べていけるほど世の中は甘くない」とごもっともな説得にいつからか自身を抑制して生きることになれてしまっている方。


人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さん。 看護士や医師ほど人の死をたくさん見ている職業人は、そうはいません。そんな看護士が死の直前に語られる「後悔」ランキングトップ5がとても興味深いです。



関連記事はコチラ>>



1位「自分自身に忠実に生きればよかった」

人間がいかに環境に左右されながら意思決定をしてきたのかが、とてもよく分かる後悔であります。「自分らしく生きる」「ありのままの自分でいる」ということがいかに難しいのかがよくわかります。


2位「あんなに一生懸命働かなくてもよかった」

この後悔は実は企業を途中で退職した方にも多く聞かれる意見であります。会社や組織に尽くしたのに、実は見返りが少なかったことに気がついたのか?、それとも、仕事は大切だけど、もっとやるべきことがあることに気がついたのか?は分かりませんが、この後悔は意外だったかもしれません。


3位「もっと素直に感情を表現できればよかった」

身近な方への感謝など、日頃言葉にしてこなかったことへの後悔かもしれません。また世間でうまくやっていくために感情を押し殺した結果かもしれません。いずれによせ、生きる術というやつですね。


4位「友人関係を続けていればよかった」

些細なことで人間関係が壊れることはよくあるものです。相手との関係性の問題ではなく、仕事や家庭といったこちらの事情で連絡をとらなくなったということは誰しもある経験でしょう。


5位「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」 

??
幸せかどうかは「する」ものではなく、「感じる」ことですから、どうもしっくり来ない後悔であると思います。この後悔を発言した人たちの本意は分かりませんが、不完全燃焼であったことだけは間違いなさそうです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事