不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年2月25日土曜日

眼の健康と老化の関係性



人気ブログランキングへ


誰も避けて通れないのが、老化現象であります。血糖値の上昇、運動機能の低下、物覚えの低下など。そんな老化 現象でありますが、できることならなるべく避けて通りたいところですよね。原因は複数あるものの、老化の原因に眼の健康が大きく関係しているとNYtimesが伝えて話題となっているようです。

関連記事はコチラ>>

網膜には概日リズムを管理するための細胞があるそうですが、
ここに到達する光の量により、体の機能を微調整しているのだとか。


この概日リズムが整っていることで、日中はやる気がみなぎったり、夜は休息モードになったりと睡眠や食事のバランス管理に大きく影響していることが分かってきたそうです。


特に紫外線対策やワークスタイルの変化(オフィスワーク)により、日光を浴びる機会が極端に少なくなった現代人にとって、この網膜の老化が強いては体全体の老化に繋がっているというのも頷けます。

オフィス内での光量は、太陽光の1/10000から1/1000と太陽光と比べても、大幅に光の量が不足していますので、老化の原因だけでなく、ビタミンを含むその他の生成にも影響しているかもしれませんね。


ちなみに網膜の受容体に届く光の量が年齢別で減少する平均は以下の通りだそうです。


45歳        50%
50歳        37%
75歳        17%



40歳以降、大きく網膜の受容対が衰えはじめるというのがポイントのようです。確かに体力、知力、精神力と40代となってガクンと落ちたいという話は少なくありませんからね。


紫外線を浴びすぎるというのも問題ですが、太陽光が無さすぎるいうのも問題なのかもしれません。老化を早める原因となるということは、頭の片隅に入れておきたいところです。


U-styleのテーマである「お金」として考えた場合も、年金需給は生きた年齢に比例しますし、医療費への負担や長期的な運用益など考慮しますと老化を少しでも遅らせることこそ、高い費用対効果(生涯賃金)が得られると無理に結論に結びつけたいところであるのですが。(何かとお金の話に結びつけてしまいます・・・)



団塊世代においては、80%近い方々が年金を生活の糧にしていると回答されています。これから年金受給がはじまる方も含め、老化を遅らせること、そして健康を維持し続けることこそ、生涯受け取る賃金と大きく関係してくることは間違いなさそうです。





これから暖かくなりますので、休日はなるべくお出掛けして適度な太陽光を吸収したいところです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事