不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年2月16日木曜日

どうなる個人情報保護 !? 管理曖昧のまま「共通番号制度(マイナンバー)」が国会へ !!


人気ブログランキングへ



「マイナンバー」というネーミングは素晴らしいかぎりです。
非常に親しみが持ちやすいのは、ネーミングを考える上で非常に重要であります。


朝日新聞によると、14日、国民や企業に税金や社会保障関連で用いられる「共通番号」を割り振る「共通番号制度法案」(マイナンバー法案)が閣議決定され、国会に提出されたとのことです。


メリットは管理側による税金の過小申告防止や徴収のしやすさがメインとされているわけでありますが、情報の不正使用についての懸念はまったく議論されないまま国会へ提出されたとのことであります。

関連記事はコチラ>>

例えば、米国との軍事機密などに関しては米国と日本との間で協定の上、厳しく管理されています。もちろん罰則に関しても厳しい処置がとられることが前提であることに対し、マイナンバーに関しては、このような違反・不正使用に関しては、宙ぶらりんのまま。

秘密軍事情報の保護のための秘密保持の措置に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定


制度を機動的に運用するには、医療機関から診療費などの提供を受けたり、金融機関から情報を出してもらったりする必要が出てきます。現段階では、こうした情報を政府は本人の事前同意なしで集める方針としています。


内閣府の最新世論調査では国民の約8割が制度の内容を「知らない」と回答しています。


年々、巧妙さを増す詐欺集団を勢いづける結果とならなけばよいのですが・・。
身内しか知らない情報を巧妙に利用されては、被害拡大は免れません。


社会保険庁におきましても、これまでの記録を電子化する際に、原紙を処分してしまったといった事態が記憶に新しいところでありますので、情報管理についての徹底した議論を期待したいところであります。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へa

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事