不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年3月3日土曜日

2人1人が奨学金!私立中学受験バブルは崩壊!? 教育を選択する眼が問われる・・



人気ブログランキングへ


教育は必要ですか !?
なぜ教育に労力/資金をつぎ込むのですか?


と問われたら、皆さんならどのように回答されますでしょうか?


ある特定の企業や官公庁に入るための登竜門とされていた方もいれば、結婚や人間関係を構築する上でのブランド的な位置づけと考えていらっしゃる方もいるかもしれません。教育における考え方ほど多岐にわたるテーマもないのではないか?と思えるほど、人によって感じ方、捉え方、イメージは違うはずです。

しかし、教育の基本的な考え方は


「無下に搾取されないため」
「不当な取り扱いを受けない」


これが教育の出発点であります。


関連記事はコチラ>>

歴史を振り返り、労働基準法もなければ正当な賃金がいくらなのかも計算できない、ましてや現状を打破するため知恵も方法論も分からないといった状況を、自分の子供たちに継承させたくないという意思こそが現在の高学歴が良しとされる根幹だったのではないでしょうか。


団塊世代が学生から社会人になる頃から、日本の経済成長が目覚ましい発展を遂げるわけでありますが、日本の急激な成長と同時に過激となっていったのが、受験戦争であります。優秀さを測るための目安とされていたわけでありますが、現在はそんな受験競争で蹴落とされる心配もなくなるかもしれません。


ダイヤモンドオンラインによりますと、「私立中学受験バブルは崩壊」と報じています。シンプルに受験競争をしなくても、学校側の事情で生徒が足りないから入ってくれということです。


競争原理が働かなくなる状況となるに連れ、出身校のブランド力も同時に特別感も無くなるわけでありますが、就職採用に関しても、特定の企業を除き多くの企業で出身校よりも人間性や行動力、忍耐力が新入社員に求められる条件となってきている傾向を感じます。


高度な教育を受けたことを前提とするならば、なぜにこれほどまで採用方法に企業は躍起となり新しい方法論を模索するのでしょうか。


教育の根幹を本質的に考え直さなければならない時期に来ているわけでありますが、振り返れば教育課程の中での社会と、経済活動を行うリアルな社会の構造が年を追うごとに別世界となってしまっていることに気がつきます。



いつから2つの社会にこれだけ大きな違いが出てしまったのかは専門家にお尋ねしたい項目でありますが、一時期MBAフォルダーを所有している人たちが企業で優遇された時期がありましたが、今は冷遇されているといった現状を考えると今後の教育も場合によってはMBAフォルダー所有者と同様に「冷遇」される道をたどるのか気になるところであります。


同様の現象(MBAフォルダーが優遇されるとは限らない現状)が高度と言われる教育と就職活動で起こるかは不明ですが、現代人の情報収集量はインターネットが普及する2000年前の人たちの情報収集量と比較し650倍も違うというデータも出ています。 (インターネット白書より)


ネットで検索し3分で調べられることをネットを利用せずに覚えることができたとして、それが厳しい資本主義社会で戦い抜くための優劣の判断材料となるのか?は深い疑問を残すところであります。


「無下に搾取されないため」
「不当な取り扱いを受けない」


だとすれば、今後の教育現場は何を担う場とするべきなのか?辞書、計算機、ネットを利用しても良い試験を実施するなら、どんな問題を提出し、どうやって優劣を判断するのか?であります。


米国では、優秀とされている学生ほど、起業する確率が高いそうです。
日本ではなぜそれが起こらないのでしょうか。


日本ではかつて日常のありとあらゆるところに(人間関係の中に)教育があったのかもしれません。例えば経済学部で学ぶことも大切ですが、中小企業で活躍する事業家の手伝いをする方がよほど経済という化け物を身近で感じることができるはずです。


教育現場でも一部の私立で専門家を呼んで講義するといった授業が行われているようでありますが、そもそも日本人特有のコミュニティーの日常で自然に行われていたことを「教育」というもっともらしい冠をつけているところに不思議な現象を見ている感覚を覚えるわけであります。


これらのことは費用が0円(無料)であるならば、どんな内容であろうと意見はないわけですが、現在大学に通学している学生のなんと2人に1人が奨学金を受けて通学している実態がそこにはあります。



当然、奨学金は返済を前提とした借入であります。
高度な教育を受けたことで、現状を打破できるようなビジネスを思いつくとか、雇用形態に関わらず、その教育を受けていない人たちよりも節税率が○○%高いといった明確な違いを示せなければ、ウェブ上に転がっている情報の集合体の2次もしくは3次下請け産業となりかねません。



かつて日本では成熟期に入る前、記号消費というのが盛んとなりました。
記号消費とは「シャネル」や「プラダ」と大きく書かれた洋服やバッグこそステータスメントとされた時期であります。(現在は比較的ブランド表示が目立つものの方が敬遠されがちですが)




現在、小さなお子様たちが社会に出るころには間違いなく、記号消費から脱却した価値基準で個人を判断されている可能性が高いものと思われます。



人生における3大出費の一つが教育費であります。2000万円とも4000万円とも言われる金額を親が支払うわけであります。非常に大きな金額であります。2人いれば、この金額の倍の費用、3人いれば、単純に3倍の費用が必要となるから笑えません。


だからこそ、受けさせる教育はなるべく良い教育を!と思うわけであります。
さて、皆さんなら、自分の子供たちにどんな教育を受けさせたいと思われますか?



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事