不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年3月7日水曜日

トレードで泣き寝入りしないためのシステム会社選びとは !?



人気ブログランキングへ



ネット証券会社の登場で、トレードの仕切が低くなり今では老若男女と誰でも気軽に取引ができるようになったわけですが、トレードを行うシステム会社は何を基準に選ばれているでしょうか?


[手数料]、[スプレッド]、[スワップポイント]とどうしても目先の利益に直結しそうなポイントをベースとしてシステム会社を選択してしまいがちですが、トレードは売りたいときに売り、買いたい時に買えることが最も重要であります。

関連記事はコチラ>>


ニュースにこそならなかったものの、月曜日の早朝にEMCOM証券(みんなのFX)でログインできないというトラブルが発生し、サポートセンターへ利用者からの電話が鳴り止まないという事態が発生したようです。

 
土日を挟んだ月曜日の朝一でのトラブルであっただけに、機会損失/損益の発生により大きな損失が出たことは間違いなさそうです。利用者の中にはロスカットを喰らった方もいらっしゃるかもしれません。


EMCOM証券は、過去にもサーバーに脆弱性から同様のトラブルが報告されているシステム会社です。また2008年9月には、システムトラブルを発生させた際、架空利益を計上した罪で金融庁より行政処分を受けています。


処分は改善命令ではなく、3日間の業務停止命令でしたので、非常に悪質であると判断されたものと思われます。


「買いたい時に買う、売りたい時に売る」


当たり前のようですが、実はこういったことを十分に理解しているのは、トレードを長く続けている方々であり、十分に経験がない方は、「おかしな表現」と思う方もいるかもしれません。

トレードを長く経験している方は、あらゆるシステムトラブルを考慮してトレードしていますので、システム会社も2つ、もしくは3つ利用して機会損失をなるべく分散している方が多いのではないでしょうか。
 
「買いたい時に買う、売りたい時に売る」

当たり前を当たり前とするためにも、これからトレードを本格的にはじめようと思う方は、トレードするための会社選びは、しっかり調べて行いたいものであります。


売買したいタイミングで売買できないのは、多くの人が同様の判断を下し、売買を行おうとすることによるシステムサーバーの負荷が原因であることがほとんどです。ネットショップによるタイムセールに殺到してシステムが一時的に繋がりにくくなる現象と同様ですね。




にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事