不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年3月24日土曜日

ウォールストリートジャーナル式 「経済指標」読み方のルール 読了 [書評] ☆☆☆☆☆





人気ブログランキングへ


経済指標って、なんだか取っ付きにくいですよね。。
金融機関にお勤めの方や一部のベテランの投資家たちだけが気にしている小難しくお堅い数字の羅列っていうイメージありませんんでしょうか?


なにかしら、こういったイメージをお持ちの方、きっと少なくないことと思います。これを書かれた著者もきっと自身がそう感じていたのかもしれませんね。


しかし、大切な資金を運用する以上、他人に任せっぱなしというわけにはいかないでしょう。AIJ 問題が良い例となりましたが、連日報道される内容も少しずつ変わってきています。ただただAIJが悪いという問題から、それほどの大金をAIJに任せた側の責任についても専門家や一部の弁護士が口にするようななってきています。


「経済指標」を知っているか?知らないか?では、将来自分で資金を運用するにせよ、誰かに任せるにせよ、決断に対し裏付けが取りやすくなるのは間違いないかもしれません。


そんな経済指標を楽しく勉強できる点がこの書籍の大きなポイントです。その他の経済指標の書籍を見てみてもわかりますように、分厚い本に細かい字で数字と聞きなれない言葉が・・・。

関連記事はコチラ>>


本というより辞典といった印象のものが多いですよね。これでは、経済指標など好きになれるはずもありません。「好きこそものの上手なれ」というではありませんか。こちらの書は、そんな近寄り難い印象を払拭させてくれ、なおかつ各指標の裏に見える数字の意味を安易に想像させてくれるものかもしれません。


たとえば・・・


自動車が売れるとなぜ景気がよくなるの?銅と景気が連動している背景は??
夜のお店で美人が増えたら景気はよくなる?悪くなる?

などなど。

数字の裏側にある経済的な本質を分かりやすく解説してくれている点が慣れない方にも非常に分かくなっているポイントであります。気にしておきたい要素だから、数字化しておきましょうといった感じです。


女性やあまりにも若い方が経済指標の話をあまりにも熱く語られても少々戸惑いますが、スウェーデンを見ても分かります通り、社会福祉が充実している国というのは、理想ではありますが、同時に確実に資産保有者が外国へ逃げていくのは歴史を見れば良く分かります。


これから日本で生きていくために必須の知識の一つであることは間違いなさそうです。「ウォールストリート式」とは書いてありますが、米国では一般紙なので日本でいう読売新聞のようなものです。


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール







にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事