不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年3月2日金曜日

最新作「TIME」が視聴者に向け主張したかったことを探る!




人気ブログランキングへ


常に現在の時間にしっかりしがみつけ。刻一刻過ぎて行く時間には、無限の価値がある。

“ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ”


最新作「TIME」におきまして、このゲーテの言葉を回想せずにはいられません。
「時間こそ無限の価値である」と心底言える人はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。
 
関連記事はコチラ >>

労働と時間


多くの場合、物質的な豊かさを求めるにあたり、交換されるもの。
それこそが「労働」と「時間」なのであります。


よって、人間を意のままに生きている限り働かせたいのであれば、税金が値上げすることこそ、もっとも簡単に奴隷化できる方法なのかもしれません。


映画ではお馴染みの富裕層とスラム街に区分され、25歳以降は労働の対価を賃金ではなく、生存のための時間で交換される社会を描いています。主人公は、あることがきっかけでスラム街から富裕層の社会へ足を踏み入れるというお話です。


富裕層は永遠とも思える時価を手に入れ、スラム街で生存する人たちは若くともタイムオーバーで死んでいくというゲームのような怖い物語。当然ながらフィクションでありますが、まったく笑えない作品となっています。


なぜ「TIME」が主題となっているのか?であります。
今回の作品が笑えないのは、実際に人口問題がもっとも深刻な現在(70億人)、90億人はあっという間で到達してしまうのは確実であるため、世界の富をシェアする少数の資本家がこの人口問題に取組む可能性が高いからかもしれません。世界長寿の国といえば、我が国であるわけですが、倫理的概念を取り除き客観的に考えれた場合、世界の資本家たちは、この現象をどのように解釈するのか?であります。


監督:アンドリュー・ニコル 
キャスト:ジャスティン・ティンバーレイク アマンダ・サイフリッド キリアン・マーフィ

WHOやビルダーバーグ会議をはじめ、世界の著名人や有名人が集う会議では常に人口問題が優先順位の高い問題として認知されているようですが、具体的な対策については、新聞や報道であまり聞こえてきません。


ごく自然な努力では、人口増加の爆発が止められないことだけは確かです。待ったなしのこのご時世、悠長に話あっている場合ではないレベルです。映画のような荒療法が展開されたとしても不思議ではありません。


最新作「TIME」映画の完成度こそ高評価はつけ難いですが、着眼するテーマが「お金」「生活」「時間」に大きく関係した作品です。


経済問題などに関心がある方には、オススメかもしれません。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事