不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年4月26日木曜日

どっちが正しい??内閣府 vs 厚生労働省  [年金給付と負担に関する試算]

内閣府の出した年金給付に関する負担と受給の試算結果に厚生労働省が激しく噛み付いた。


人気ブログランキングへ

「厚生労働省は、年金の給付と負担の世代間格差を巡る内閣府の試算に反論」と日経新聞が報じています。内閣府の経済社会総合研究所の試算では、1955年生まれ世代以上で収支がプラスになる半面、それ以下の世代で収支がマイナスとしています。今回、厚労省が反発しているのは、試算に用いた保険料や受取額を現在の価値に引き戻す際の指標に疑問があると噛み付いたわけです。




双方の試算と反論についての詳細はこちらで閲覧が可能となっています。


[経済社会総合研究所]
「社会保障を通じた世代別の受益と負担」
[厚生労働省]
第12回社会保障審議会年金部会資料


関連記事はコチラ>>


厚生労働省が根拠としている内容も興味深いわけですが、人口バランスがこれほど大きく変わってしまった以上、現在の積立方式そのものが仕組みとして、成立していませんので遅かれ早かれ大きな変更となる可能性が高いはずです。


 若い層も優秀な人からアクションを起こしますので、現在の試算も試算道理にいくとは限らず、一旦抜け穴もしくは国外逃避がはじまれば加速度的に若者の間で広がりを見せる可能性も視野に入れた試算でなければなりません。


間違っても「想定外」という言葉が出ないことを期待しましょう。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事