不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年5月14日月曜日

「二重価格解禁」土地、中古物件も対象に ! それでも購入判断は慎重に!




人気ブログランキングへ



「不動産の表示に関する公正競争規約」が改正されまさしたね。
これまでは、「新築後2年以内の未入居の建物」に適用できたわけでありますが、今後は中古住宅や土地においても使用可能とのことです。




「二重価格」とは、値引き販売中であることと値引き幅を明確かつ大きくPRするための表示方法。「少し前の新築が500万円引き」など、消費費行動を活発にするための策として有効だった時期もありますが、現在の消費者は非常に賢い方が多いですから、土地や中古物件に二重価格を適用してたからといって、バシバシ売れるようになるのか?は大きく疑問であります。





もともとはバブル全盛の1988年、値付けに失敗して大量に売れ残った新築マンションを処理するために解禁された制度だ。リーマンショック後にも、「500万円値下げ」などと表示した売れ残り新築マンションが、「アウトレットマンション」として各地で販売されたのは記憶に新しい。いずれも「お得感」が伝わり販売が好調だった。  

(ダイヤモンド・オンライン)







関連記事はコチラ>>


また、投資家はこの二重価格の表示においては、ほとんど影響を受けないものと思われます。彼らは独自の基準というのを確立していますので、値引きがあろうとなかろうと、その基準を下回ったならば、購入するでしょうし、値引き率が大きくとも割に合わないと判断すれば簡単には手を出しません。



二重価格の解禁と建設ラッシュ。どういった意図で改正に至ったのか?こちらの方が気になるところであります。




にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ




0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事