不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年6月13日水曜日

生活が好循環にも悪循環にもなる!住宅ローンとうまく付合う6つのコツ



人気ブログランキングへ



住宅を購入する前は、あれほど比較検討した住宅ローンも日々の生活がはじまれば、いつの間にやら契約内容がどうであったのか?忘れてしまいがちです。





日々、口座から引き落とされていると見直しという意識は更に薄れていくことでしょう。




住宅ローンとうまく付合うための6つのコツは下記の通りです。



関連記事はコチラ>>


予め見直しを決めておく

30-35年の長期で住宅ローンを組んでいる人や、変動金利による住宅ローンを組んでいる人は、定期的な見直しを是非ともオススメしたいと思います。住宅ローンとうまく付合うコツは、『積極的に完済を目指す』であります。






1日も早く自由度を高める

今のご時世、勤めている会社が将来的に存続している可能性は非常に怪しいと考えておくべきであります。ですので、10年後も今の生活を維持できるのか?常日頃から考えておく必要がありますし、定期的に住宅ローンを見直すことで、繰り上げ返済により、どのくらい自由度が増すのか?を計算することもできます。






住宅ローンにより生活に活気がでる人/不安が増す人

また自由度の広がりを意識することで、少なからず目標ができ、日々の仕事にも活気がでてきます。逆に住宅ローンで破産した人たちは、この逆の心境で日々を過ごし結果として家を失った上に、借金を返済する日々を過ごすこととなります。




2つのパターン

ポイントは、積極的に前向きな気持ちで過ごしていけるのか?それとも、苦しく不安な日々を過ごしていくのか?というプロセスの幸福度に関係してきます。






好循環/悪循環

誰しも不安な気持ちで良い仕事はできませんので、悪循環と好循環とに明確に分かれてくるわけです。年に何度も見直す必要はありませんので、保険も含め見直しの日程を予め決めておくのが良いかもしれません。





変動金利の方はシュミレーションを!

また、変動金利を選択されている方でしたら、返済額がどのくらいアップしたら生活が苦しくなるのか?予め返済額アップごとのシュミレーションを出しておくと良いかもしれません。「こんなはずじゃなかった !! 」と夫婦関係が悪化するのも、変動金利で返済額が急激に上がるケースです。奥様がパートに出ることとなったり生活のスタイルも変更を迫られることが多々あります。





是非とも自宅を購入したことが、日々の生活に活力を与えてくれる!といった好循環の中で生活を謳歌したいものであります。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ




0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事