不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年6月25日月曜日

井戸ブームにみる自助精神の広がり・・




人気ブログランキングへ



井戸のブームが本当であるかどうかは些か疑わしいところでありますが、震災以降、自主的に防災を含め、自治体に任せていたことに個人が取組む流れができつつあることだけは間違いなさそうです。




東京23区内で井戸を掘る家庭が増えていると報じたのは、NHK朝の情報番組「あさイチ」。震災直後、ペットボトルが店頭から消えたことがきっかけで、井戸を掘ることに関心が集まったのだとか。





費用は、濾過装置をとりつけても80万円程度なのだとか。また、自治体によっては、井戸用の場所を提供すればポンプの設置 費用やメンテナンス費用はすべて区が負担してくれるとのことです。





補助金などの充実という点では、現在のところ練馬区が非常に手厚いとのこと。練馬区内には防災用井戸が515箇所あり、区 のホームページや防災マップにも記載されているようです。




関連記事はコチラ>>



震災で現在も苦しんでいる人がいることを思うと非常に辛いわけですが、個々が自主的に地域や国といった『自分以外のこと』に関心を示し、行動しだしたことは大きな変化です。これまで、政治家を悪くいうだけだったり、官僚を悪くいうだけだったりと・・・。





誰もが、「言うだけ」から『参加すること』へ変化できれば、政治家の皆さんもきっと正しい判断を下してくれるものと信じたいものであります。そういった意味では、外国人サポーターが支えた民主党という政権は、日本人以上に外国人が積極的で真剣であったのかもしれません。結果として、日本にいる外国人の待遇は大幅に良くなっています。



個人だけの関心だけで良かった過去から、個人以外への関心と社会への責任へと意識が高まるこれからに大きく期待したいところであります。





にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ




0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事