お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2012年6月5日火曜日

電気自動車(EV)を非常時用の蓄電池として利用できる技術(ホーム・エネルギー・マネジメントシステム)がスゴい!



人気ブログランキングへ


トヨタ自動車は6月4日、プラグインハイブリッド車(PHV)/電気自動車(EV)と住宅間で電力を相互供給できるシステム「V2H」(Vehicle to Home)を、新たに開発したことを発表。





[このV2Hシステム]

[住宅→車両]
[車両→住宅]

と、双方向の電力供給を可能にしなっているようです。





人口減少により、地方から都心に人が集まるようになるに連れ、高い維持費を払ってまで「車」を維持する理由が薄れつつある今だからこそ、この発表は大きいですね。




「車」の役割を移動手段だけでなく、非常用蓄電バッテリーとしての役割へとシフトさせたTOYOTA自動車には、アッパレであります。



関連記事はコチラ>>



この仕組みにより、例えば低コストの夜間電力や、低炭素のグリーン発電などを利用した電力を、充電スタンド経由で車両に充電しておく。そして、日中は車両から住宅に電力供給することで、ピークカットやピークシフトに貢献する。こうした電力の流れは、家庭内に設置される「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメントシステム)」が自動制御すると言う。

さらに、災害時には車両の蓄電池を非常用電源としても利用でき、その場合、満充電およびガソリン満タン状態のPHV1台で、一般家庭の日常使用電力の約4日分をまかなえるとしている。
[car watch 抜粋]



厳しい現況の中での自動車の役割を再定義してきた今回のTOYOTAの頑張りを政府一丸となってバックアップしてもらいたいものです。内部留保が一部の政治家に叩かれた時期もありますが、どんな状況であれ、莫大な開発費だけは企業の継続を考えれば削ることはできないはずです。そんな厳しい状況の中での今回の大きなビジネスの転換は経営層にとっても、かなり勇気が必要だったのでは?と想像してしまいます。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択