不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年6月22日金曜日

RBA(豪準備銀)議事録 & FOMC etc [今週のまとめ]



人気ブログランキングへ



今週はRBA(豪準備銀)の議事録やFOMC、ギリシャ選挙といろいろあった一週間でありました。




この時期に発表される数字や各国の準備銀行による見解は来年を考える上で非常に参考としたものばかりであります。また、格付け機関ムーディーズ・インベスターズが世界で活躍する銀行15行に対して格付け(評価)を引下げとしています。





■RBA(豪準備銀)議事録

  • 消費者信頼度指数は上昇するも中長期で見ると平均以下
  • 住宅価格は低下しているため動きは鈍い
  • 経済状態は、小売・労働市場・鉱業への投資が国内経済の回復と一致
  • 国内経済に刺激の必要性あり





豪州は世界経済の中心となりつつある中国経済と密接に関係しているため、中国の経済状況を見る上でも大きな参考となるはずです。経済状態は良くもなく悪くもなくといったところでしょうか。RBA は住宅の低迷を気にかけているところがあり、国内への刺激策として更なる利下げの余地を残しました。




■バーナンキ米FRB議長会見

  • 労働市場に更なる改善を進めるため追加処置を示唆
  • 状況次第で量的緩和を実施する可能性に言及
  • 一段の資産購入を検討する可能性


次々に量的緩和を実施することで、ダブついた大量の資金が投資へと回されます。が、一部の金融機関や企業にとっては刺激策となるわけですが、米国の地方都市にとっては、これだけで大きな改善に繋がりにくい点は頭に入れておく必要がありそうです。



大量に市場に送込まれた資金がどこへ向かうのか?を想像する力が鍵となりそうですね。





関連記事はコチラ>>



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事