不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年7月11日水曜日

大幅な医療費削減のヒントとなるか?年輩のミツバチに○○をさせることで若返ることが判明(米研究)




人気ブログランキングへ



社会が成熟すれば、どうしても子供の数が減少するというのは今にはじまったことではなく、大昔からある現象だったようです。ある経済学者はその理由を福祉の充実(老後の手当)に対して、子供を育てる負担(金銭的にも精神的にも肉体的にも)が大きくなるからだ!としています。





近年、財政難を理由に予算が削られたとはいえ、財政における深刻度から考えるとまだまだ手厚い医療補助制度。その多くが現役世代ではなく、ご老人の方々が利用しているわけですが、ご老人の方々が通院する意外と多い理由の一つに『コミュニケーション』という目的があるようです。(徐々に減りつつあるようですが)






お金の心配がなくなり、時間を弄べば誰しもコミュニケーションを取りたいという欲求が沸いてくるのはごく自然な衝動かもしれません。(最近のご老人はホントに元気ですから)また、若さを維持しようと健康や若さ維持に良しとされることを積極的に取り入れようとする姿勢には驚かされるばかりですね。






税金の負担を減らしつつ、お年寄りの皆様が更に元気となり、社会の潤滑油となってくれれば、「一石二鳥」どころか「一石三鳥」にもなりうるかもしれません。そのヒントとなりそうな研究結果をアリゾナ州立大学とノルウェー生命科学大学の最新共同研究が発表しています。





関連記事はコチラ>>



今回の研究結果は人間ではなく、蜂であったわけですが、どうやら古い蜂に若い蜂がしている仕事を与えたところ古い働きバチのタンパク質の脳内生成が活性化され、若返り、新しいことを学習する能力が向上することが判明したとのことです。






アリゾナ州立大学によせ、ノルウェー生命科学大学によせ、予算をかけて研究していることだと思いますので、最終的には人間の応用を模索しているものと思います。





一部の老人ホームでも、レクレーションの一環として幼稚園児たちと遊ぶという機会を設けたところ、ご老人の皆さんが活き活きしだしたという話もありましたね。





こういった研究を社会に応用できる政策がどんどん出てくることに期待したいものであります。






にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ




0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事