不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年8月4日土曜日

現場で感じ取れ!国土交通省『国土交通省見学プログラム「子ども霞が関見学デー」』まもなく開催!



国土交通省は、8月8日(水)と9日(木)に国土交通省見学プログラム「子ども霞が関見学デー」を開催すると発表、参加者を募っているそうです。



【概要】
●実施時期:平成24年8月8日(水)、9日(木)の2日間
●見学対象者:全国の小・中学生
●開催場所:国土交通省(主な会場と来場記念スタンプは、10階共用大会議室)
東京都千代田区霞が関2-1-3 中央合同庁舎第3号館
霞が関駅(東京メトロ日比谷線・千代田線・丸の内線)A3番出口より徒歩4分
桜田門駅(東京メトロ有楽町線)2番出口より徒歩2分
●事前申込みなしで当日自由に見学できるプログラム
8月8日(水)、9日(木) 10:00~16:00
→申込不要。当日直接国土交通省に行き、霞が関子ども旅券を持って入館。霞が関子ども旅券は国土交通省3号館国会側入口に用意されている。受付場所と来場記念スタンプは、10階共用大会議室。



関連記事はコチラ>>
早ければ、早いだけ良いこと。


 病気の早期発見ではありません。将来の職業を自分で決める判断です。しかし現実には就職活動に入っても自分がどうなりたいのか?決まっていないという人も少なくないわけであります。また、憧れていた仕事に就くも、想像していたものとは全く違いすぐに転職という話も少なくありませんね。



小学校6年間、中学校3年間、大学4年間、社会に飛び出すまでに通常9年間-13年間の教育期間を終えて社会人デビューしていくわけでありますが、この間に現場を体験する機会がほとんどない仕組みとなっているのは、やはり問題であります。(大学卒業間際にインターンとして働く機会を除いて)



誰もが社会の中で生きる運命にあるのならば、早くから現場の雰囲気や仕事体験をするといったプログラムがあった方が雇用の面においても、採用側の心理としても双方に有益であると思うわけですが・・。



 お子様のいる家庭では、是非とも参加を検討してみてはいかがでしょうか。 目の前の勉学もとても大切であるわけですが、子供たちは感受性が高い時期であるがゆえに、現場に行ってみて、聞いて、嗅いで、雰囲気を感じる体験するということは、子供の意欲に直結する重要な行為であります。どの仕事もなければならないからこそ存在するわけですが、国土交通省も国家にとって非常に大切な機関の一つであります。



 この機会に「仕事」というものに関心をもってくれる子供が一人でも増えるといいですね。


 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事