不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年9月24日月曜日

【生活向上】100円ショップのイメージを変えた??北欧の100円ショップに客が殺到し突如『休業』!


100円ショップの進化が止まらない・・・。



今や私たちの生活になくてはならない100円ショップですが、次から次に『ツカエル商品』が登場していますが、これまでは利便性に特化した購入はあっても、スタイリッシュさを求めて購入することはなかったのではないでしょうか。今回、突如休業に追込まれた大阪の100円ショップですが、その理由はお客さんが殺到し過ぎたことが要因だったとのこと。


デザイン力の高さでは、定評のあるデンマーク激安雑貨チェーン「タイガー」
7月21日のオープンから4日目で臨時休業し、再オープンしたものの、8月16日から再び休業。9月22日、1カ月余りの長期休業を経て再々オープンしたとのこと。いやはや、スゴい人気であります。


しかしながら、安くて便利でオシャレは生活向上に貢献してくれる一方、低所得層の定着化といった側面も考えておかなければなりません。メリット・デメリットが混在するビジネスであるわけですが、この流れは世界的な流れでありますので、逆回転させることは難しいわけですが・・。この舞台裏を伝えたのが日経トレンディー。一部抜粋させて頂きました。


大行列、突然休業・・「北欧の100円ショップ」(nikkei TRENDY)

(クラウス・ファルシグ社長インタビュー抜粋)

「早急に正社員を2倍に増員し、当初は予定していなかったパート・アルバイト従業員を増やしている。4台だったレジも6台に増設した」

「今大量に買い付けているので900アイテムは確保したいが、現状は1000アイテムを維持するのが難しい。ただ、来月には新商品が大量に入ってくる予定だ」

「大阪市内にあと2店舗出店する計画は、年内に実現するのは難しい。物流システムを改善して、1号店を立て直すことが最優先課題。まだ物件も決まっていない。欧州から什器を導入して内装するにしても最低3カ月はかかる」

「欧州の店舗と違い、日本には遠方からでもわざわざ足を運んでくれる客がいる。日本人は新しいものが好きで、ショップに大変興味があることもわかった」


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
関連記事はコチラ>>

100円ショップでの生産は賃金の安い国で行われていますので、生産における雇用は奪われる反面、販売においては雇用を創出してくれる企業であることに間違いはありません。少々複雑ではありますが、これは世界的な流れであるということでありますので、この分野における逆行は今後もあり得ないわけです。


それにしても、クラウス・ファルシグ社長は外見からも感じられるように、鋭さはMAXですね。

 
  • 低価格分野が洗練されればされるほど、全体の所得水準が上昇を拒まれるか?
  • もしくは賃金格差は大きくなるのか?

は今後の課題となりそうですね。








    

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事