不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年10月27日土曜日

【無料】Kindleの通信費が無料というのがピンとこない人へ

どの分野においても専門性が一層求められる時代となったわけですが、限られた時間で知識を吸収する環境を構築しておくことも重要な仕事なのかもしれません。また収益を産み出す知識を持つことに課税される心配はありませんので、よりいっそう知識量が貧富の差にも繋がるのではないかと注目しているところであります。





さて、先日に引き続き7インチタブレットの話になりますが、やはり注目するべきはアマゾンKindleではないでしょうか。というのも、ビジネスマンにおけるタブレット/スマホの保有率の高さを考えれば、新しいタブレットを買う必要性ないように思えるからです。機能面やサイズで興味で購入を検討する人はいるでしょうが、「必要性」まではいかないかと・・。



関連記事はコチラ>>




スマホやタブレット端末は1回の充電で利用できる時間がせいぜい8 時間-10時間であるのに対し、Kindleは8週間とのこと。さらにスマホやタブレット特有の目に刺さる光では、長時間の読書は厳しいものがあるように思えますが、Kindleの電子インクでは、この問題も解決できそうです。何よりも眩しい日差しの元においても読書できるというのが嬉しい点であります。


右kindle 左iPad 【26倍】

右kindle 左iPad  【375倍】





知識武装を目指す人間にとっても、タブレットやスマホを保有している人間にとっても十分に購入の動機に溢れるKindleでありますが、通信費が「無料」という文言をうまく解釈できない方もいるのでは??



ドコモ回線を利用とのことですから、無料とはいえドコモと通信契約が必要なのか?さらには、通信料は無料でも基本料金は発生するのか??など想像を巡らせた人がいたのなら、安心を覚える次第です。



面倒な契約は何一つなし
実はこの商品、商品ごとにアマゾンとドコモが何らかの契約行為を交わしているため、購入したユーザーはなんら通信契約の手続きは必要ないとのことです。


無料といっても制限あり
ただし、無料で通信がツカエルといっても制限がありますので誤解ないようお願いします。アマゾンが運営するKindle storeでの購入や読書中に利用するウィキペディアの利用などは無料とのことですが、通常の検索行為やその他の通信料に関しては警告が表示されるとのこと。



無料通信と無料本を使い倒す
過去の記事でも指摘したように、Kindleでの購入は商品の購入ではなくライセンスの購入ということになりますので、知らずに規約に違反しアカウント削除というのがもっとも最悪な事態であります。ただし、著作権切れも含め無料本というのがかなりありますので、Kindleでは利用は無料本を徹底的に活用するというのも手かもしれません。



2012.10.26現在の購入予約では、発想が来年の1月はじめとなりますので、関心がある方は早めの予約がよろしいかと思います。


 


  • 発売日 : 2012/11/19
  • 出版社/メーカー : Amazon.co.jp


  • 発売日 : 2012/11/19
  • 出版社/メーカー : Amazon.co.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事