不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年11月10日土曜日

どんな経済指標より参考としたい!他国による「日本が好き?」「日本が嫌い?」  



個人にも国家にも共通して言えることですが。。
他人や他国から嫌われるより好かれる方が発展の可能性は高いということ。



近年、テレビをつければ反日報道がなされているわけでありますが、そんなに日本はアジアから嫌われているのか?と考える人が多くても不思議ではありません。(それだけ報道が多いですから)また日本の政治的判断に対し、他国から「アジアからの孤立となる」とと指摘される場面も多いわけですね。果たして本当にそうなのか?興味深いアンケートをウェブコンサルティングの老舗であったアウンコンサルティングが調査結果を発表しています。






 シンプルな質問ですが、「日本という国が好き?」という調査に対し圧倒的に好きと答えた国の多いこと多いこと。。中国、韓国を除いてすべての国でダントツの「好き」という結果となっています。アジアでの孤立ではなく、中国、韓国から疎遠となると報道されるなら分かるのですが・・・。






フィリピンやタイでの結果はヤラセとも思えるほどの数字が。。実際にこの数字がヤラセでないならば、これはもう「信仰」に近いレベルで日本が憧れとされているということの裏返しとも言えそうです。






日本のサービスや商品が好きという結果の裏には「日本への信頼」というキーワードが含まれているのかもしれません。国家も個人も「信頼」があってこその発展ですので、このアンケート調査をもっとも気にしているのは、欧米や高い経済成長が義務づけられた中国であるのかもしれませんね。



日本の報道機関は中国や韓国の干渉下にあることが明らかに
「アジアは日本に極めて不快で憎悪に満ちた感情を持っている」 という内容がよく報じられます。また自国の安全保障について行動を起こせば、「アジアでの孤立」を更に深めるという報道こそしっくりくると思う方も多いかもしれませんが、実はアジアという表現にこそ違和感があることがはっきりします。アジアではなく、中国や韓国といったアジアの一部の国による意見であり、日本の報道機関が中国、韓国の政治的影響下にあったのだ!ということを露呈した結果とも言えそうです。



投資家の判断として・・
日本の財政状況が極めて良くないことは事実ですが、今後のシュミレーションで重要な要素となるのは表面的な経済指標など以上に、「信頼」「好感」が極めて日本の進退に大きく影響するものと思われます。ギリシャを観察していて分かるように、どんな政策やアイデアをもってしても話が一向に進展しないのは、根本的にあの国家が信用を失っているからではないでしょうか。極端な表現をすれば、嘘つきの出す提案など話半分ということであります。この点において、日本の信頼を更に向上させるべき政治判断や国民の審判こそ、他国に対し多くのオプションを選択できる可能性を作るということになると考えます。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

関連記事はコチラ>>












0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事