不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2012年12月25日火曜日

70歳まで健康なら保険料全額返済 [東京海上日動あんしん生命保険]

業界の体質がすぐに変わるなどということ期待できないわけですが、証券業界が大きく大胆に変わったのと同様にいよいよ保険業界も顧客を食いつかせるような変革があるかもしれません。(期待ですが)


東京海上日動あんしん生命保険がなんとも大胆な商品を来年1月より販売してきます。


70歳まで入院・手術がなく健康を維持した場合、大胆にも支払った保険料を全額返済するとのことであります。保険料の決定は、機関投資家である保険会社の資金運用利回りと、保険会社が顧客に支払いをする可能性で決定されているわけであります。


70歳まで病気も入院もせずに健康を維持できることがそれほどに難しいと解釈するべきなのか?それとも保険会社も全額返済というリスクを抱えてでも顧客に振り向いてもらおうと考えているのかは、もう少し調べてみなければ結論は出せません。


読売新聞によりますと、実質的な負担を抑え新しい需要を取込むのが狙いとあります。この報道の解釈が正しければ若い世代での顧客取込が非常に厳しい状況であることを想像させられます。中高年から上の世代ならば、もうすでに保険に加入している可能性が大きいですので。

若い世代の中には、自分で運用して自分で自分の面倒をみるよ!という方も少なくないでしょうから、今後は保険会社も含め旨味を感じれる商品・サービスが一層求められることとなりそうです。

ちなみに、30歳男性が、入院保障日額5000円、入院中の手術5万円の保障を契約した場合、毎月の保険料は2880円。70歳までの40年間で、約138万円を支払うことになる。新商品はその間に一度も入院せず、保険を使わなければ、契約者に全額返す仕組み。何回か入院し、50万円の保険金を受け取った場合は、差額の88万円を返金する。支払った138万円を超える保険金を受け取っても超過分の追加負担はなしとのこと。(読売新聞

保険による控除枠をうまく活用できれば、加入者にもメリットが大きいかもしれません。この商品をきっかけに保険会社の商品ラインナップが一層魅力的なものとなるのか?注目です。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
関連記事はコチラ>>

U-styleトップへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事