new

市況かぶかfx速報!2chまとめブログ

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2012年12月22日土曜日

所得税75%!フランスから資産家がいなくなる日・・




「これまで国家に莫大な税金を納めてきたはずだ!」
「避難される覚えはこれっぽっちもない!」

本人にしてみれば、こういった気持ちであることは間違いなさそうです。



フランスの大御所俳優ジェラール・ドパルデュー氏(63)が来年から税制が改定されることに合わせてフランスを飛び出し、ベルギーに居住用の家を購入し国籍離脱宣言をしたことが大きく報じられています。(ル・モンド紙)



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
関連記事はコチラ>>




これに対しジャン・マルク・エロー首相が、「税金逃れの愚かな行動。まったく哀れだ」などと蔑んで非国民扱いをしているとのこと。





ただし、俳優ジェラール・ドパルデュー氏(63)と同じ立場ならば、誰もが彼と同様の行動をとった可能性があります。なぜならば、来年から改正されるフランスの税制でありますが、なんと年収100万ユーロ以上の人には75%の所得税が課税されるとのことであります。



そしてこれまでに、ジェラール・ドパルデュー氏(63)曰く、45年間で合計1億4500万ユーロ(約162億円)の納税をしてきたとのこと。この主張が本当ならば、国家への多大な貢献は軽視されていることは間違いなく、ジャン・マルク・エロー首相から「税金逃れの愚かな行動。まったく哀れだ」などと言われる筋合いはないはずです。


ジャン・マルク・エロー首相は、一般的なフランス国民が生涯平均でいくら納税しているのか?を客観的に考えるべきであります。よほど、才能や努力により成功した人間が憎らしいかが伺えます。


ジャン・マルク・エロー首相は、社会党会派(左派)ブループを基盤とするため、このような発言に至ったものと思われます。フランスは移民政策から国内が混乱、問題多発。さらに格差が広がると同時にヨーロッパ経済の後退で、若者の仕事が激減。そして、労働者保護を重視する政策から現在の首相が誕生したわけであります。




最悪と捉えるか?
平等社会と捉えるか?



この辺りの思想には言及はしませんが、75%という論外な課税を行なえば、間違いなく国内から資産を持った方々が出て行きますので、さらなる国内の経済後退を加速させることだけは間違いなさそうです。成功者を「悪」とし、努力もしない者たちが集って平等を叫び出したならば、頑張る意欲など沸いてくる人間がいなくなってしまうことは当然の結果であります



ジェラール・ドパルデュー氏に限らず、改正前に資産家の大移動となりそうなフランス。
フランスは、これまでの日本以上に暗黒の時代が続きそうな予感です。左派勢力が強い国で経済が好調な国があるならば、ぜひとも分析したいものであります。


U-styleトップへ



このエントリーをはてなブックマークに追加

1 件のコメント:

  1. フランスという国家、”社会”があったからこそ成功できたのであって決して自分の才能や努力だけでそんな大金が舞い込んでくるわけではないので社会に返すのも妥当なんじゃないかな

    返信削除

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事