不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年1月22日火曜日

快挙!政府・日銀共同声明発表・・



注目されていた日銀金融政策決定会合の結果がさきほど発表されたようであります。


さきほどの(1/22 15時頃)政府・日銀による共同声明では文章に2%のインフレ『目標』を記載するとのことです。政権交代前はあれほど抵抗していた日銀白川総裁でありましたが、共同声明では麻生財務相に非常に気を遣う一面も。甘利大臣からも、今回の合意に至るプロセスの中での麻生副総理の貢献ににやんわりと触れておりましたが、麻生財務相への評価として『敬意を評する』という表現が印象的だったように思えます。


麻生財務相は?と言えば、『当然の仕事をやったまで』といったご様子で「大変だ」「頑張った」といった言葉を一切発しないあたりに力強さと品格を感じた方も多いのではないでしょうか。





自民党としては、大幅な財政出動を政府として決定しているだけに、経済の成長が伴わなければ、大きく傷(財務悪化)を広げ責任追及では済まない事態となりかねないだけに、今回の日銀金融政策決定会合ではどうしても日銀を同一方向に向ける必要があったわけです。この重圧は並々ならぬ仕事だったことが伺えます。




こんな重圧に耐えられますか

これだけの重圧に、さらりと『やるべき仕事をやっただけ・・』と涼しい顔で言ってのけるのを見て、これが『政治力だ』と無言のメッセージを多くの方々が感じられたことと思います。



日本復活のためのアキレス腱が誰か?を他国は知っている

財政再建があっての国家安全保障ですので、他国やメディアが麻生副総理をアキレス腱と位置づけていることは間違いなく、国民も自身の豊かさを求めるならば我々のために戦う閣僚の『失脚工作』には十分に警戒する必要がありそうです。先日のアルジェリアでのエネルギー獲得競争による犠牲を見ても分かるように、日本の国益は残念ながら他国の国益と反する結果を産み出す結果となります。



他国の利益とは

日本の本来の評価(企業や不動産、株式)を大幅に下げて買い叩くことで傘下とすることこそ技術力のない国々にとって利益となるわけですね。そのためには日本再生というのは非常に都合が悪いわけであります。特に周辺を取り囲む反日国家にとっては・・。



日本のために働く人間ほど危険にさらされる現実
関連記事はコチラ>>
世界が広いとはいえ、快適で安全な場所は地球上に1%適度しか存在しないと言われています。アルジェリアで亡くなられたエネルギー供給の戦士同様に、日本のために働く政治家(特に力がある議員)は往々にして他国の専門機関から失脚を狙われる立場となってまいります。日本に情報機関がない以上、日本のために戦う戦士(議員)を守れるのは、日本国民の支持以外に方法はありません。



日本人は真意に気づきかけている

麻生副総理の会合における延命治療発言が盗聴され、リークされたのも麻生副総理が政治家として力量があると判断された証拠とも受け取れるのではないでしょうか。ただし、国民は今回メディアが問題視したい発言においても情報の真意を見抜いています。

現在のところSNSでは報道した側(マスメディア)が返り討ちとなっている状況です。


コメンテーターたちの言動にも変化が

テレビに出演するコメンテーターたちも、最近テレビ局の意向とは違った見解を述べる方が増えてきているのもマスメディアにおける影響力に変化の兆しを感じているからではないでしょうか。コメンテーターたちも次のフィールド(表現の場)を念頭におき寝返りぶりを発揮しているのかもしれません。


自民党の仕事ぶりにあっぱれ

まだお正月も明けて22日というのに、圧巻の仕事ぶりである点は誰も否定できないことだと思います。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
U-styleトップへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事