不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年2月9日土曜日

購買力平価を見れば一目瞭然!豪ドルの大崩れに期待・・



最近の経済指標を見れば分かるように、着実に経済に明るい方向へと進み出した米国に対し、大型公共工事をバンバン行うも外資撤退と国内の富分配構造が一部に偏りすぎている要因で経済成長に鈍りが目立つ中国との差は明暗を分ける結果となり出しています。




この2国の経済事情に大きく左右される通貨こそ豪ドルであります。米国の金融緩和で余った資金が投資用として流れ込んだ経緯と、昨年までの急激な経済成長で輸出が押し上げられた事情とで異常なまでに高くなり過ぎているように思えます。


「高くなり過ぎている」ということは、当然修正される時がくるということでもあります。そもそも豪ドルが1米ドルを上回ること事態こそ特異なケースであります。購買力平価が0.7ドル程度でありますし、豪ドル円の平均価格を見ていましても82円~81円程度であります。


現在豪ドル円は96円半ばを推移していますので、いかに高い値を付けているのかが分かります。米ドル高の背景には歴史的な米国金利の低下が存在しています。
関連記事はコチラ>>


そして、今まさに米金利も修正局面に差し掛かっています。
よって、豪ドルの大幅な修正(適正価格)に戻る可能性が高まっています。


中期的には、大幅な下落となる可能性が高いですので、ポジション配分には下落を念頭においた取引を心がけたいところであります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


U-styleトップへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事