お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2013年3月9日土曜日

【給料】賃金引上げの連鎖加速 !? 次はファミリーマートだ



先週、コンビニ大手のファミリーマートが賃金の引上げを発表。目安として年収の2.2%の引上げ+賞与においても引上げる方向性であるとのことです。










安倍内閣で年収を引上げた企業の連鎖?


新浪剛史社長率いるローソンが政府と連携し即対応したことは記憶に新しいわけですが、次々に賃上げ気運が高まっていることを実感しますね。

HONDAにおいては、ボーナスがあり得ないぐらい上がったとの声も確認しています。さらに、現在飛ぶ鳥を落とす勢いで眼鏡業界をリードしている眼鏡専門店「JINS」を展開するジェイアイエヌにおきましても役員などを除く正社員の年収を2013年度からおよそ6%アップさせると発表がありました。

輸出関連企業は、急激な円安で相当の利益が生じていますから現在の政権に協力しないわけにはいかないのかもしれません。

参考⇒



甘利経済再生相が名指しで「期待!」


社員数2700名程度と言われるファミリーマートですので、甘利経済再生相が5日の記者会見で、小売業で相次ぐ賃上げについて「次はファミマと期待している!」と述べたことが給料の上積みに影響した恰好となっています。同社は「政府の物価上昇率目標の2%を上回る水準が必要と考えた」と説明されていますが、熱狂的な国民の支持を持つ現政権からの「期待」となれば、まったく無視するわけにはいかなかったのでしょう。


参考⇒



皮肉にも民主党の果たした唯一の功績・・


これも幸か不幸か分かりませんが、3年間の民主党政権で働く国民の多くの生活が著しく悪化し、希望を持てず、治安や安全保障までも脅かされたからこそ国民が政治に対し、真摯に向き合った結果であるというから皮肉であります。

参考⇒




自民党自身がこれまでの自民党を否定する!?


こうした中、麻生財務相は、経団連の米倉会長と懇談し、企業の報酬引き上げをあらためて要請しています。これまでの自民党時代には考えられなかった行為であり、どちらかと言えば共産党の議員さんたちが積極的にやられる領域の部分であったわけです。共産党や社会党もまったく一本取られた恰好となってしまっていますね。

民主党議員の方々が「昔の自民党に逆戻り」といった途端に支持率は一桁台にまで落込んでしまっています。現政権で実利を得る方々が増えるに従って、民主党議員たちの揚げ足取りの批判に国民はすっかり呆れ返ってしまっています。


麻生財務相曰く
「いきなりベースアップしろなんていう、そんなむちゃくちゃなことを言ってるわけじゃないんで。ボーナスでなんとかしたいと思ってますと、(企業から)個別にはいろいろ言っていただけるようになりましたんで、そういった形のものが出てくることを、心から期待をする」


表現こそ丁寧でソツなく見えますが、安倍総理に次ぐ権力者からこういわれては、対応したい気持ちになるのかもしれませんね。






U-styleトップへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択