お知らせ

new

現在お知らせはありません。

2013年3月7日木曜日

自民党効果早くも!阪急REIT連日の高値!阪神百貨店本店建替決定で連鎖となるのか!?



強烈な自民党政権の活動を背景に株価は高騰、円高はどんどんと是正される結果が出ていたわけですが、影響が遅れていた不動産業界にも結果がではじめているようです。





予算も国会を通過し、ようやく国土強靭化計画も施行の段階に入りつつあるわけですが、HEPファイブや北野阪急ビルなど関西の主要都市で好物件を数多くポートフォリオに組み込んでいる阪急リート投資法人<8977.T>の株価が連日高騰しています。


関西在住の方にとっては、刷新される街並みは、日常の風景といったところかもしれませんが、ときどき訪問させていただく我々にとっては、刷新されていく大阪の街は、新鮮であり動きの活発さを感じずにはいられないといった印象でありまます。阪急阪神ホールディングス<9042.T>が阪神百貨店梅田本店を建て替える方針を打ち出しており、周辺で大規模再開発が進めば、波及効果も大きいとの期待なども関連株価の上昇に繋がっているものと思われます。



アジアにおける日本の不動産は、これからが本番といったところでしょうか。
すでに世界での金余りの程先は香港の不動産を大きく引き上げ、当局や政府によって規制がなされている状況です。よって、国内資本だけでなく、更に海外からの資金流入があっても不思議ではありません。


しかしながら、気をつけなければならないのは選択するREITの資金構成であります。
REITのどれもが良いわけではなく、大きな損失となっているケースも多いのが実情です。
関連記事はコチラ>>

しっかりと選択する目を持った方や社会的な信用を全面的に利用できる立場の方などは現物不動産への投資も効果的であるかもしれません。時代の流れに乗ることも大切ですが、リスクを伴う行為でもありますので、後悔のないようしっかりと確認の上、購入をはかりたいものであります。


U-styleトップへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

【PR】年収1000万円以上限定コンシェルジュ

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択