不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年5月16日木曜日

要人発言まとめ 【5/15 〜 5/16】

要人発言から見え隠れすることは、ときに大きな参考となる場合があります。この2日間の要人の皆様の発言を一覧にしてみます日本経済の復活により、これまで通貨誘導工作で 高い利益を得てきた国々が本来あるべき状態に戻りつつあることが分かります。


日本の政権を運営する要人の皆様は「結果は出した!」という自信に満ちた発言が多くなる一方で、中国、韓国、ドイツの要人たちからは「これまでの勢いはどこへやら?」といった消極的かつ危機感に満ちた発言となっていることが分かります。


特に韓国要人からは諦めにも近いなげやりな発言が・・・。
80年代後半から90年代にかけての水準からするとまだまだ円高といった様子ですが、「これから!」という状況下においても、ドイツ、中国、韓国がこれほど落込むというのは、そもそも本来の実力があったのかどうか?という点に疑問が生じてまいります。
 

日本の犠牲のもとに他国の繁栄があったということだったのでしょうか?
その点のご判断は皆さまにお任せしたいと思います。

それでは、要人発言まとめをご覧ください。






5/16 午前中の要人の皆様の発言まとめ



中国商務省報道官
「人民元の上昇が輸出業者に影響している」
「人民元の急速な上昇は小規模輸出業者に最も大きな影響を与える」
「2013年の貿易を楽観視せず」

追補
「今年の対中直接投資は安定的な伸びになると予想」



英首相
「RBS株を損失覚悟で放出する可能性否定せず」


菅官房長官
「安倍内閣の経済政策の効果-GDP」
「経済政策を実行し軌道にのせるようにしたい」


麻生財務相
「長期金利0.1%上がれば国債費0.1兆円増える-2014年度」



韓国金融監督委
「円安を含む市場リスクを注視-予防的措置も」


ルー米財務長官
「内国歳入庁は国民の信頼取り戻す必要」


甘利再生相
「安倍政権の異次元政策で異次元回復へ歩み始まった」
「これから設備投資にしっかりつなげていくことが必要」
「達成の可能性かなり高くなってきた-今年度見通し2.5%」
「安倍内閣の経済政策の効果が表れ始めている」


ラッカー・リッチモンド米連銀総裁
「経済と均衡の取れない金利は困難招く」
「投資家は米国債への信頼維持する見通し」
「FRBはドルの価値の操作を求めない」





5/15 要人の皆様の発言まとめ



玄・韓国経済副首相兼企画財政相
「円安基調は長期間にわたり続く可能性」

プリシマ・フィリピン財務相
「円安は懸念材料ではない」
「健全な日本がフィリピンの利益になる」


安倍首相
「大胆な金融緩和、現在のところ結果出ている」
「日銀の多額国債購入で市場に大きな影響が生じ得る」
「債券市場の動向を常に注視」
「なるべく早期に賃金が上がるように努力」
「日銀は雇用も念頭にやってほしいが、政府が責任」
「市場の信認確保し金利の上昇リスクに対応したい」


格付け会社ムーディーズ
「G20先進国14年の実質GDP伸び率は約1.9%」
「G20先進国13年の実質GDP伸び率は約1.2%」
「G20新興国の13、14年実質GDP伸び率は約5.2%」
「ユーロ圏のリセッションはより深く、より長期」
「世界の景気回復は過去3カ月間に勢いを失った」


榊原元財務官
「通貨の若干の下落は望ましい」
「ドル円相場は105円で転換すると予想」
「1ドル=110円なら円安行き過ぎの水準」
「株価上昇は速すぎる、調整あり得るし必要」


黒田日銀総裁
「為替相場の動向についてコメントを控える」
「物価目標は持続的に達成すべき」
「日銀の最大の目的は物価安定、雇用も含めた好循環が大切」
「現時点でバブルと考えていない」
「賃金が上昇する際は物価も上昇する関係、生み出されている」
「賃金と物価の関係は比較的同じような動きをする」


格付け会社ムーディーズ
「南アの格付け見通しはネガティブを維持」


キングBOE(イングランド銀行)総裁
「英国の回復は視野に入っている」
「金融政策は魔法の杖ではない」
「金融政策だけで問題をすべて解決できない」
「金利はいくつかの点で標準に戻す必要」
「家計債務の劇的な減少を期待すべきではない」
「マイナス金利はオプションとして残っている」


ショイブレ独財務相
「最近の独10年債利回りは低すぎる」


独財務省報道官
「コメルツ銀行の増資を歓迎」
「独政府はコメルツ銀行の増資に参加へ」
「同行への出資で持ち分は約17%に」


オランド仏大統領
「ユーロ圏の景気後退は緊縮と流動性低下が要因」


麻生財務相
「日本経済は徐々に上昇している」
「国債金利動向には注意しておかなければならない」



ラガルドIMF(国際通貨基金)専務理事
「キプロスの優先課題は銀行セクターの安定」
「キプロスの見通しは強い不確実性にさらされている」
「キプロス向けプログラム実施の遅れの余地はない」




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事