不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年5月18日土曜日

【金融庁】TPPを視野?反対する医師会!「現物提供型の生保商品」 解禁へ



昨年12月頃から活発な議論となっていた現物提供型の生保商品における規制緩和の話です。たしか2013年1月15日の日経新聞1面にも報じられていましたね。

これにより介護や葬儀などあらかじめ準備しなければならない資金の確保という点から開放されることとなりそうです。高齢化社会では恩恵を感じる人が増えるのではないでしょうか。





 ■金融審の報告書案のポイント

▽介護や葬儀などのサービスを提供する現物提供型保険の販売を解禁

▽不妊治療費を支払う不妊保険についても認可を事実上容認

▽保険会社が保育所を直営することを可能とする

▽複数の保険会社の商品を販売する乗合代理店には、比較可能な商品を明示するなど顧客ニーズを踏まえる努力義務を課す

▽保険の販売時に商品に関して、顧客が判断するために関連する情報を全て提供することを義務づける






現物提供型が必要となった背景


保険法・保険業法では、保険会社が契約者に対して、保険金を現金で支払う商品しか認めていなかったわけですが、実際に保険金を手にできるのは、一通り調査と手続きが終わり1ヶ月以上も経過したのちの話です。しかし、場合によっては資金を早く手にしなければならないケースもあるため、現物提供型の解禁を望む声も多かったですし自然な流れであったのかもしれません。また日本はすでに極端な高齢化社会となっていますしね。割合から考えれば現物で支給という方がありがたいと考える方は圧倒的に多いのかもしれません。




懸念すべき項目


さて気になるのは、この現物提供型の解釈(緩和・対象)をどこまで広げるか?であります。金融審の報告書案では、保険適用外の「不妊治療費」についても言及していますね。安倍政権では、待機児童の解消や出生率の向上を明確に目指していますので、急に降ってきた話ではないものの、TPP 参加の準備が着々と進んでいる時期だけに、米国の保険会社を意識した内容を盛込んでいるのかな?と感じるのは考え過ぎということでしょうか。




ツケ


これまで防衛に無頓着だった日本人に対するツケだ!と言われれば、その通りでありますし、中国の脅威がこれほど露骨となった今、米国抜きで中国と戦えるのか?となるとTPP反対をいうは簡単ですが、莫大な犠牲を伴う可能性も高くなってまいります。




婚期の変化と不妊治療


婚期の平均年齢が年々高くなっているだけに、子供がほしいと願う女性の金銭負担は半端ない!とも聞きますしね。病院には札束をもって懸命に治療に専念する方がどれほど多いことか!ということも十分に考慮しなければならないと思います。こういったケースに対応できる法整備という点でも過去の結婚サイクルと違うわけですから、法整備においても変更があって然りであります。




医師会の旨味がなくなる!?断固反対する理由に正当性はあるのか


ただし、医師会はあまり良い顔はしていない様子です。
特に、札幌市医師会は現物給付型の保険商品に対して、強い口調で反対しています。

現物給付型の保険商品については、法律で認められていないことに加えて、保険会社に対する監督・規制という観点から「適切な保険料、責任準備金等の算出が困難である」などの課題があるため、議論はされているものの、容認する方針には至っていないのが現状です。しかし、適切な保険料そのものが本来は曖昧なものであり、あくまで機関投資家である保険会社が試算した運用利回りに応じて保険料が決められているというのが現実ではないでしょうか。


医政メモQ&A4月号:現物給付型民間保険について(PDF)


また「監督・規制」という観点だって、ルールが変更されれば、それに適用する「監督・規制」が遅れて整備されるというのは仕方のない話であり、「完璧でないから」「リスクがあるから」現実的な問題を放置して良いということにはならないと思いますが。



日本の保険制度そのものは諸外国(特に米国人)は羨ましいとの意見が多いわけですが、その保険制度をいいようにしてきた医師会の存在があったのも、また事実であります。麻生財務相もこれまでの医師会と保険制度との関係性には健全性に欠けるとの認識を示しておられますし、一概に医師会の反対意見ばかりに同調できるものではないわけです。


保険制度はホント難しい問題です。


ただし、安倍政権が進める仕事には一環したストーリーがあり、この点だけはこれまでの政権と大きく違う点であると思います。よって、どういった形で決着しようとも安心感というのは大きいと感じている方は多いのではないでしょうか。




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事