不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年6月29日土曜日

米国の懸念は、「ねじれ議会」による債務上限問題で揉めること・・



格付け会社フィッチ・レーティングスは28日、米国の格付けを「AAA」に据え置く一方、見通しを「ネガティブ」で維持した。一段の赤字削減措置が打ち出されない限り、高水準の債務により衝撃を受けやすい状況が続くと指摘しました。


最高格付けの維持は、経済と信用の堅実なファンダメンタルズを反映しているとしています。年末までに格付けの一段の見直しを実施するとか。




なんだかんだといって、順調に回復傾向にあると思われる米国経済ですが、懸念事項はなんといっても「ねじれ議会」ではないでしょうか。債務上限問題で大揉めする可能性は十分にあり得る話です。ネガティブの見通しはこういった点も考慮されているのかもしれません。しかし、これらの判断は、数ヶ月前と比較して格段に改善された内容になっています。


フィッチは声明で「中長期的に政府の債務を削減するために必要な追加措置が以前として不透明なことから、格付け見通しはネガティブを維持した」と説明した。また「債務上限が適切なタイミングで引き上げられるかをめぐるリスクも踏まえた」としています。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事