不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年7月10日水曜日

中国富裕層が米不動産買い漁る !! 直近1年の購入額に驚嘆・・



中国経済が失速する中、次々に悪いニュースが出てきていますね。

「世界の工場」として中国の名を世界に知らしめたブームはとっくに昔の話になりつつあります。そんな中国国内で巨万の富を持つ方々にも変化が。。中国経済の失速とは裏腹に順調で底堅い経済回復を遂げつつある米国において、中国富裕層が一斉に米国不動産を買い占めるというニュースが。




全米不動産協会(NAR)が発表した最新リポートによると、中国人投資家が購入した不動産の総額は2013年3月まで1年間で約123億米ドル(約1兆2423億円)に上り、外国人の中でカナダに続いて2位に浮上!!


1年間で約123億米ドル(約1兆2423億円)ですよ!


しかし、平均購買額でみた場合、外国人平均の27万6000米ドルに対し、中国人の平均購買額は42万5000米ドルとなり、他の外国人を圧倒する結果に。選挙システムにおいても、経済のシステムにおいても自由競争とはいかず、国営企業が民間企業の首根っこを常にグリップしているような社会ですから、当然ながら富にも大きな差が出て然りです。また、近未来における世界の工場は間違いなく南米へとシフトしますので、もう2度と中国にその役割が回ってくることはないことを中国共産党の幹部たちも熟知しているのかもしれませんね。




米国不動産を購入額1位はカナダ人


さらに、中国人の購入ペースが加速しているため、数年内にカナダ人を上回る可能性があるという予測も。直近のデータでは、外国人が購入した米不動産のうち、カナダ人が全体の23%、中国人が12%という結果に。




カナダ人と言えども・・・


ただし、カナダの国籍を取得した方の中にも中国人が非常に多い点は見逃してはいけませんね。実際にカナダは移民の集まりですし、現在もその政策に大きな変更はなく、IT関係などの企業を懸命に誘致している活動には頭が下がります。





中国人の購入ペースが凄まじい!


しかし、中国人の購入は2007年では5%でしたので、大幅な拡大は顕著だと言えそうです。米国の不動産に限らず日本の不動産においても過去3年間での中国人の購入ペースは凄まじいものでした。私どもも記憶しておりますが、問合せの6割が中国人という時期もありましたから。
関連記事はコチラ>>



専門家は米国での教育というが・・


何人かの専門家は、中国富裕層による米不動産への投資増について、子どもの教育を重視する富裕層が増加していることが背景だと分析。大半は子どもを米教育機関に留学させることが目的で不動産を購入していると報告されていますが、一方ではおおっぴらに米国に自分の資産を移すための供述ともされています。




共産党幹部たちの資産回避が目的なのか??


子供の教育費にしては、金額が莫大過ぎますし、米前国務長官だったヒラリー氏も対中国との対戦となった場合、効果的であるのが米国内での中国人の資産凍結を示唆していました。要するにそれほど「子供の教育費」という名の資産の移動が激しいということであることが分かります。確か青山繁晴氏も同様のことを指摘していましたね。




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事