不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年7月18日木曜日

曇っている時ほど注意したい!先月の熱中症 去年の2.3倍に・・【季節のご挨拶】



ここ2、3日は厚さが和らいで過ごしやすかったのではないでしょうか。


気象庁の説明では、猛暑の日が続くと高気圧が大きくなり過ぎ、やがてその膨張した高気圧が縮むため気温がガクンと下がるそうです。雨期が多い日本において、気象に関する知識は仕事だけでなくプライベートの充実においても非常に大切なことだと年々実感している次第です。




さて、そんな猛暑による熱中症が去年の2〜3倍だったという報道がありました。
関連記事はコチラ>>


総務省消防庁によりますと、先月1か月間に熱中症で病院に運ばれた人は、全国で4265人に上りました。

先月は特に中旬以降、蒸し暑い日が続いたことから、去年の同じ時期に比べると、搬送された人の数は2.3倍と大幅に増え、死者は4人、3週間以上の入院が必要な重症の人も97人に上っています。年齢別では65歳以上の高齢者が全体の49%を占め、先月15日には山形市の66歳の女性が自宅のベッドで倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認されました。一方、人口10万人当たりでみると、搬送者が最も多いのが沖縄県で13.1人、次いで岡山県で8.9人、秋田県で6.6人、宮崎県で6.3人などとなっており、北海道や東北でも去年より増えています。(NHK)



私どもも熱中症には十分に注意するよう「こまめな水分補給」を徹底するように確認していますが、どうしても猛暑が続けば体力や抵抗力を奪われます。十分な睡眠と休息というのが大切であるわけですが、猛暑とは裏腹に不動産投資への需要は日に日に増すばかりです。関西圏をはじめ、全国で取引させて頂いておりますパートナー様を含め、U-styleをご覧の皆様、酷暑(酷寒)の折、ご自愛ください。




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事