不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年7月30日火曜日

資源輸出を軸とする政策に終焉!豪準備銀行(RBA)は大きく方向転換か・・



長年、資源輸出国として自国を賄ってきたオーストラリアですが、中国の将来の展望の完全に見切りをつけたのかもしれません。スティーブンス総裁がシドニーで開催された「資源ブーム後の金融政策」の講演で、豪ドルと金融政策について言及しています。



「必要に応じて金融緩和を実施する」

「最近のインフレデータは金融緩和余地があることを示している」



資源輸出だけというビジネスモデルから完全に方向転換したことを伺わせると同時に、数ヶ月前にスティーブンス総裁が示唆していた「観光分野」「教育分野」を本格化させることを言っているのかもしれませんねぇ。そうなると当時のスティーブンス総裁が指摘していた「政策金利が高過ぎるため、競争がまったくできる状況でない」という指摘と今回の発言は一致します。


また最近の豪の経済指標では国内の雇用が人件費の安いアルバイトに移行している傾向が強いですから、国内の消費活動を活発化させるという意味でも政策金利の引下げは必須と考えていることは間違いなさそうです。
関連記事はコチラ>>


また現在も大幅な下落の途中にある豪ドルですが、住宅建設許可件数がさらに悪化した結果を受け、引続き下落が継続している状況です。去年の11月頃は非常に先行きが楽しみな好景気の予感がしていた豪も約半年でここまで急激に状況が変わるわけですから、現代の経済を生き抜くというのは、国家も企業も、そして個人にとっても大変な時代だと実感しますね。


U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事