不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年8月19日月曜日

【差別問題】米国大統領もほっとけない!?74億円セレブが激怒!「あんたには買えない・・」

オブラ・ウィンフリーさん


これは、マズい。マズ過ぎますね。
スイスにある高級ブティックでのやり取りで事件が発生。

どういった判断から、店員はそのように発言したのかは不明だが、客側の要望によりバックを見せてほしいとお願いされたところ、「あんたには高過ぎます」と言い放ち、顧客の要望を拒否。顧客は何度もお願いするものの、「あんたには高級過ぎて買えない」と突っぱねたとのことです。

この来店した客というのが米国では有名な司会者であるオプラ・ウィンフリーさんであったため大変な事態に発展。年収74億円のセレブであるだけでなく、知名度は抜群。この失礼な対応に激怒したオプラ・ウィンフリーさんが自身の影響力を使わないことは考えにくく、すでにメディアでこの事件についてネタにしているとのことです。


それに対し、店側は「誤解があっただけ。人種差別ではない」と釈明するも、覆水盆に返らず。

ちなみに、ウィンフリーさんが、店員に見せるようにお願いしたバックは、ワニ皮製の高級バッグで価格は約3万8千ドル=約370万円であったとのこと。


約370万円の金額といえば、どの先進国においても一般の方々の年収と同程度ということになりますし、対象者がそれほど多いとは思えません。よって、このニュースが大々的に報じられた途端、このスイスの高級ブティックは対象者たちからの大きな信頼を失ったことになることは間違いなさそうです。
関連記事はコチラ>>

人種差別を意図して要望を拒否したかどうかは分かりませんが、人種差別を受けたと主張する側の主張を止めさせることは難しく、ブティック運営にとっても致命的な信用喪失となったことは間違いなさそうです。


現代では、富裕層といってもさまざまな出身地の方がいますので、一度こういったニュースが流れてしまうと白人以外の富裕層が買い物で訪れることは、今後は激減することが予想されます。


ちなみに、オプラ・ウィンフリーさんの出身国は米国ですが、現在の米国の大統領はいわずと知れたオバマ大統領であります。当然ながら、オバマ大統領の耳にもこのニュースは入っているでしょうから、スイスでのこの事件は米国を敵に回した行為といっても過言ではないかもしれません。


どうせお詫びを口にするならば、誠意を認めて頂けるぐらいのお詫びでない後のことを考えるとマズいかもしれませんね。

セレブ妻になれる人、なれない人 ― 年収1000万円以上の男性と結婚できる人の小さな習慣


U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事