不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年8月21日水曜日

金融庁によるメガバンクへの『テーマ検査』は、世界経済の混乱を見据えた、政府の前倒しの政策なのか?



金融庁による3大メガバンクへ導入される『テーマ検査』の導入が非常に興味深い。


主な検査は、貸したお金が返済されない『貸し倒れリスク』をどう回避しているのか?を重点的にチェックされるとのこと。報道では、経済成長がどうこうという話 ばかりが取り上げられがちですが、強くシブトイ金融システム構築への取り組みも抜かりないことを示した政策であると思います。




世界経済はまだまだ混乱の中にあり、中国の経済指標が軒並み下降となると同時に不動産価格だけが高騰を続けるという不安定な状況が続いています。2008年の リーマンショックは日本にとっても痛い出来事であったのは記憶に新しいことと思います。しかし、中国崩壊となれば、リーマンショックの比ではない激震が日本を 襲うとも言われており、早い段階で、こういったリスクに対する金融システムの根本的な見直しがなされることに強い安心感を覚えます。


また不良債権処理が一段落し、グループの業務と役割が分かりにくくなる点を考慮したとのも言われていますね。


いずれにせよ、縦割りの風潮が強すぎることによる組織の硬直化は時間がタイミングにより勝敗を分けるビジネスの世界において融資の遅れによる致命傷となる恐れ も考慮したものと思われます。


こういった緻密な政策ひとつひとつを実行できるあたり、責任政党としての野党との違いをまざまざと感じさせられた方も多いのではないでしょうか。理想を語るだ けならば、高いコストをかけ政治家を生産する必要はなく、ネットで国民同士が議論すれば済む話です。こういった目立たないが、緻密で需要な政策を実行してくれ るからこそ、国民は安心して生活できるのかもしれません。



ちなみに来月の9月は、金融商品の価格変動リスクにおいても、専門チームが各行を回るとのことです。ユーロ圏においても、隣の中国においてもまだまだ不安定な 情勢です。世界がどういった情勢となれど、動じない強い日本の構築に期待しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事