不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年8月31日土曜日

富裕層への負担を求める動きはスイス・ジュネーブでも??ヨーロッパでの社会党の勢いが止まらない・・




スイスの中でも価格が特に高いことで知られるジュネーブ州の高級住宅が急激に値下がりしている。同州で600万フラン以上する住宅は過去1年に25%も値下がりしたと、仲介業者のバーンズ・インターナショナル・ラグジュアリー・リアル・エステートのセバスティエン・ローナー氏が述べたそうだ。(ブルームバーグ)


ジュネーブといえば、富裕層が特に好む地域として世界的にも知られていますよね。環境の良さや安全性が高いことに加え、何よりも税制の仕組みにメリットを感じる方が多いからであります。所得税ではなく、スイスでの支出や生活費に基づいて税金を納めさせる制度が非常に富裕層から指示されているためです。
関連記事はコチラ>>

日本でも、成功者となるとスイスのプライベートバンクを利用するというイメージを持っている方も少なくないはずです。しかしジュネーブの社会党が2012年1月にこの撤廃を求める1万人の署名を集め、撤廃の是非を問う投票が行われたことにより、富裕層は怖気づいているのだとか・・・。

ヨーロッパはフランスをはじめギリシャやドイツでも社会党の支持が高まる傾向が続いています。どういった経緯で富裕層となったとしても、富裕層を地域や国から追い出す政策は、のちに一般の方々へもかなり悪影響がでる可能性があります。富裕層を敵視するのではなく、双方が納得でいる税率で共存共栄を模索してもらいたいところであります。



日本にいますと分かりづらいですが、ヨーロッパでは、想像以上に生活苦となっている家庭が多いのかもしれません。しかし、あまり弱者重視の政策に傾倒すれば、弱者間での格差となり、紛争などが起こりやすい環境となることも考慮しておく必要があるわけですが・・・。


歴史は繰り返すと言いますが・・・。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事