不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年9月21日土曜日

【任天堂山内会長】70〜80年代の子供たちに夢を与えた英雄がまた一人逝く




85歳、任天堂の山内会長が19日肺炎で亡くなりました。
心より冥福をお祈りします。


また一人、惜しい人を亡くした気がします。私どもアラフォーにとって「ファミコン」に夢中に人間にとって、任天堂の山内会長は間違いなく英雄の一人であります。そして、当時の子供たちの多くがファミコンに夢中になった経験を持っているのではないでしょうか。今では、ゲームのクオリティーも市場の大きさも影響力においても当時とは比較ならないほど大きな規模となりましたが、原点はこの「ファミコン」であります。
関連記事はコチラ>>


1983年7月、1台14800円のファミコンが任天堂から販売されました。1985年9月には、スーパーマリオのソフトが日本で販売され、世界で4024万本、日本では681万本と驚異的な売れ行きとなったと言われています。


山内さんは、マリオを宮本氏に託し大当たりしたわけですが、これこそが、社名の由来であると言われています。「運を天に任せる」という決断、経営者ならば、それが簡単でないことも実感/共感する方は多いのではないしょうか。山内氏においても、人事を尽くして天命なんか待っていられる心境ではなかったという話もありますが・・・。だったら「運を天に任せる」方が自由な発想ができ、肩の力を抜いた開発ができるかもしれないという発想になったのかもしれませんね。



とくかく、我々の世代にとっても、今のゲーム業界においても大きな英雄を失ったことは間違いありません。冥福をお祈りすると同時に、山内氏の功績をもう一度ゆっくり振り返る時間を持ちたいと考えています。




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事