不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年9月11日水曜日

イラクのようにはいかない?シリア攻撃採決延期で「米ドル」「輸出関連株」が買われる・・



軍事行動の有無ほど経済に影響を与える材料はないかもしれません。

10日、オバマ大統領は、議会にシリア攻撃への採決延期を要請した情報が伝わると、米ドルが買い戻され、一時100.55円の円安になり、クロス円においてもユーロ/円では一時133.23円の円安になっています。これを受けて、NY株式市場は2営業日の上昇へ。日経平均株価は、シリア攻撃の後退、NY株式市場の大幅上昇、円安効果で輸出関連株中心に買われた。前場14513(+89)円の上昇。
関連記事はコチラ>>





イラクのようにはいかない



シリア攻撃に対し世界の十分な理解を得るには、どうしてもアサド政権が化学兵器を利用したという確固たる証拠が必要となってきます。過去にイラクにおける証拠が最後まで見つからないという経緯がありますからねぇ。日本の立場としては、証拠もなしに米国に追随するのかどうかは非常に難しく、厳しい判断を迫られたわけですが、安倍総理大臣においては非常に強い意志による判断がなされています。




日露関係はTPPにも影響


プーチン大統領と安倍総理の関係が非常に良好という背景もあったかもしれません。エネルギー分野や安全保障においても日露関係が進展していますが、これはTPP交渉においても非常に需要なポイントとなりそうです。この点においては、現政権においては、考えて素早く判断できる有能な大臣が多いだけに「米国の言いなり」とは簡単にいかないかもしれませんね。



U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事