不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年9月23日月曜日

ハイヒールを履く→アンバランス→決断力を鍛える→無駄な衝動買いが減る→倹約




最近、街の中でハイヒールではなく『ぺったんこ』の靴を履く女性が増えた気がします。


流行というのは早いものですし、健康志向が強い女性が増えたことなどを考えれば自然な流れであるのかもしれません。しかし、ハイヒールを履くことにより、判断力が鍛えられ無駄な衝動買いが減るという非常に興味深い研究結果が『Daily News』で伝えられています。


ブリガムヤング大学の研究者はヨガのクラスをとったり、クルーズに乗船したときなど、オフバランスを経験したときのほうが、より良い選択をするという結果を発表しました。そこでさまざまな実験が行われ、体のバランスをとることが人の意識にどんな変化をもたらすかが研究されたのです。
関連記事はコチラ>>

その一例が、座って寛いだ状態でテレビショッピングをした集団は、不必要に大きなテレビを高値で購入しましたが、バランスをとっていた集団は堅実な選択をしたそうです。この調査の詳細は『マーケティングリサーチ誌』の8月号にも掲載されました。


この研究の成果が本当であるならば、人生とは皮肉そのものであることが証明されたことにも繋がりませんでしょうか。人は人生において、年齢を重ねるごとに安定を求める傾向が強くなるわけですが、中でも女性は男性よりもこの傾向が強いように感じます。しかし、安定の中に身を置けば置くほどに、生きていく中で欠かせない能力『決断力』が低下すると指摘されているわけです。





日本でも昔から「苦労は買ってでもしろ」という言葉がありますが、世界の偉人たちにおいても類似する名言が残っていますね。

ハイヒールで肉体的なアンバランスを作り出すことだけでなく、精神的・経済的なピンチを定期的に乗り越えている人は、会った瞬間「キレる」ような鋭さを持ち合わせている方も少なくありません。安定/安心した人生をおくりたいと願う反面、安心/安定した環境こそが、その人や子供たちの「生き抜く力」を奪っているケースは決して少なくないはずです。


宿題を解けなくて、学校で恥をかくのを必死に防止する母親の姿をカフェで時々見かけるわけですが、これもハイヒール同様に、子供のアンバランスを得る機会を母親が奪っているのかもしれません。


宿題を解けない → 学校で批難される → 恥をかく → 忘れ難い屈辱 → 日頃の学習態度に変化 → 自身で学習方法を確立 → 成績が向上


ハイヒールに限った話ではなく、すべてのことにおいてピンチこそが最大のチャンスであるのかもしれません。





U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事