不動産投資家の皆様の綴り

new

お知らせ

new

現在お知らせはありません。

ヒロセ通商の関連会社だからスワップ専用口座として活用

2013年10月3日木曜日

【判決】被害額0円、損害賠償額140万という不思議な裁判



便利が進めば進むほど、新たな問題が・・・。



自身で購入した書籍をスキャンする方も多いことと思いますが、裁断してスキャンする手間は結構なものであります。これを代行する業者(自炊代行業者)に依頼し仕事をだすといったことがどうやら、現在の法体系では認められないという判決が出ていますね。



著作権者が自炊代行業者を訴えた裁判で、損害賠償金は1人あたり10万円。原告は1人おり、各社が合計70万円、2社あるので合計140万になり、これは弁護士費用相当額の一部という名目らしい。。
関連記事はコチラ>>

結局のところ、損害はほぼ認められないという結論だったわけですが、なぜか損害賠償額140万円の不思議。損害が0円なのに、損害賠償額を請求できるという不思議。韓国の裁判の判決が日本でも話題となっており、法治国家としていかがなものか?といった声が聞かれますが、この裁判においても然りではないでしょうか。公平性が本当に機能しているのか?を疑問視する声もどんどん増えていきそうな予感がしますねぇ。


損害がないのに、損害賠償額が発生する??
しかも、自身が金額を払って購入し自身で利用する目的で業者を利用した・・・。


損害は0円。


音楽も書籍もデータの変換が容易となった分、どうしたって違法にコピーし拡散する流れを止めることは極めて難しく、非現実的であるように思えます。こういった環境に沿ったビジネスモデルを供給者側も工夫する必要が求められる時期に来ているのではないでしょうか。




U-style TOPページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

「お金」関連の注目セミナーをコンサルタントから選択

不動産投資で活躍されている大家様

new

アンテナサイト様 / まとめサイト様

new

オススメの記事 ② これから上がりそうな銘柄をこっそり教えるブログ

最近発売の関連マガジン

                 

過去にもっとも読まれた記事